下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


車選びにおいて、悩むことのひとつに2WDか4WDかの選択があります。

年間でほとんど雪道を走る必要のない人にとっては、ちょっとしたステイタスと保険の様な4WD。

しかし、降雪地域の人々にとっては必需品でもあるのです。

性能が向上したFF車であるインプレッサですが、それでも4WDを設定していることからも、その有効性は捨てがたいものがあるに違いありません。

スポンサードリンク

スバル社の自動車インプレッサ2WD

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/concept.html

インプレッサ2WDはスバル社の自動車です。重厚なボディと高級感のある内装は生活の足としての自動車にとどまらず、運転すること、同乗することそのものを楽しむことができる車です。

安全性能は高く、複数のカメラを用いた事故防止・衝突回避技術により、安全運転を促し、かつ、実際に事故を回避します。

万一、衝突してしまった場合にも、エアバックなどにより、運転者及び同乗者の安全が最大限確保できる装備を備えており、加えて、衝突相手の被害も最小に土留めるよう設計がなされています。

インプレッサは英語のImpresa、金言、紋章からの造語であり、歴史ある、研ぎ澄まされ、洗練された存在として、所有者や所有者家族にとって大切なものとなる車です。

その響きは同時に英語のImpression、印象とも似たもので、これまでのスバル社の持つ高級感、強いエンジン、重厚さ、4WDに加え、自動運転技術など新しい技術、軽快感、爽快感、新しい時代の風といった新しい印象ももたらしています。

特に、2WD車は山道やアウトドアといった力を必要とする場面だけではなく、都市において、日常的に街中で使えるよう、価格面も含めて、技術者たちが心を砕いて設計したものです。

2WD車の燃費は16km/Lであり、インプレッサの重厚感に鑑みれば、かなり高い技術水準ということができます。

その他にも、ステアリング連動ヘッドランプやアクティブ・トルク・ペダリングなど、運転を快適なものとするサポートが随所に導入されています。

街中の歩行者が多い中で、または、悪天候の郊外の道で、それらの技術は最大限の力を発揮します。

乗車定員は5名、価格は190万円台から260万円台と現代の家族構成からするとゆとりのあるつくりですが、ベビーシートを取り付けたり、チャイルドシートに座る子供たちと話しながら、長時間にわたるドライブをしたとしても、疲れの出にくい、ゆとりある車内空間を実現しています。

特に、後部カメラは駐車時のサポートとして、大きな力を発揮します。

駐車時には後方の様子を映し出すだけでなく、運転席には自車の後退状況と残されたスペースが示され、音声いよる案内も行われるため、駐車が苦手な方でも安心して、駐車することができます。

このような快適な運転を実現した技術の一つ一つが「愛」と表現されています。

スバル社の総合安全技術が搭載されているインプレッサにはスバルの店舗で試乗することができます。

スポンサードリンク

インプレッサの4WDは雪道走行にも最適です

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサは販売開始当初から人気の車種として知られていますが、ハイパワーを実現しているスポーティーさを売りにしているモデルが特に人気があります。

この自動車は4WD仕様車というものが設定されていて、新しいモデルの場合ではAWDとして販売をしています。滑りやすい路面を走行していると自動的に4WDになるように特別な技術が用いられているものです。

本州から西側、南側に住んでいる方のケースでは、普通の2WD仕様車でも十分な走行性能を発揮させることができますが、オフロードを走行させるようなシーンや、雪道を走行させるようなシーンでは、やはり、インプレッサAWDを購入する方法でより一層安心した走行を実現することができます。

雪道走行の場合、信号待ちで停車した際には、路面状況によってはスタッドレスタイヤでも空転してしまうことが多々あります。

登り坂で停車してしまうと、発進させることが困難な状況になったり、停車していなくても雪道の場合では安定性を発揮できないことも目立ちます。

深い雪道を例にするとそのままスタックしてしまうことも目立ち、アイスバーンでも同様に走行中でも危険が生じる可能性があります。

この点で言えば、インプレッサ4WDは高性能なAWDを搭載しているので、基本はどのような雪道であっても安全に走行することができ、カーブでも横滑りを起こしてしまうことが殆ど無くなります。

実際に現在では寒冷地や雪国の多くで四輪駆動車が高い人気を得ていて、その保有率も向上しています。

インプレッサの場合では単に四輪駆動を実現していることだけではなく、スポーティーな走行を可能にしていて快適なドライビングを楽しめるように設定をしている魅力があります。

2WD仕様車と比較すると少し高めの価格に設定されており、燃費も若干落ちてしまうことになりますが、それでも雪道走行させることが多いエリアにお住まいの方、オフロード走行を満喫したい方にとっては最適な車種として挙げることができます。

特に雪道走行では滑りによって余計な交通事故を引き起こしてしまうリスクが高くなるので、不安に感じている場合では、この自動車を購入することでメリットを感じられます。

同等の4WD車と比較した場合、燃費効率に優れている車種でもあるので、維持費を削減しながらも納得できるボディ形状や内装、走行性能を実現するには最適な自動車としてインプレッサを選択肢に入れることがおすすめになります。

スポンサードリンク

新型インプレッサは街乗りだけでなくスキー移動にもお勧め

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_awd.html

日本の自動車メーカーの一つスバルを有名にしたのがスバルインプレッサですが、その最新モデルが2017年に発売されたインプレッサスポーツです。

この車の特徴としては、歴代のタイプのコンセプトにあった走る楽しみをそのまま継承しつつも万人向けに運転性の向上に勤めています。

万人向けにしている理由の一つとして上げられるのは、現在の車のニーズは遠方へ出かけるよりも街乗りなど近場を走ることが望まれています。

そこでこれまで4輪駆動だけで動かしていた駆動方式を、前輪でコントロールする2輪駆動に切り替えられるようにしているのです。

この2輪駆動に切り替えるメリットとしては、前進を止めるブレーキを全て前輪に掛けることによって止まりやすくなります。

街乗りの場合においては、急に自転車や歩行者が飛び出てくることが予想されるので急ブレーキがすぐに効くほうがなにかと安全に走行できるのです。

そのほかにも街乗りに適するように、最新技術として全方位に小型カメラを設置し白線やガードレールそして歩行者や自転車まで認識できるアイサイトやそこから得られる情報を元に危険を察知したらブレーキアシストをするプリクラッシュブレーキがあります。

さらに初心者ドライバーでも安心して運転できるように、車間距離を制御し渋滞を快適にする全車速追従機能付クルーズコントロールとステアリング操作をアシストし安全運転を支援するアクティブレーンキープそして誤操作による急な飛び出しを防ぐAT誤発進と誤後進抑制制御も完備しています。

そんな至れり尽くせりのインプレッサですが、これからの時期の時期にお勧めなのがスキー場への移動手段です。

インプレッサスポーツは街乗り専用に組み立てられてはいますが、やはりスポーツタイプであることに変わりないので悪路を走ることを念頭に置いた車です。

スキーに行くと走るコースは雪道なので、しっかりと重心が安定している車でないと滑って危険です。

その点元々は4輪駆動の車なので、発進や停止をする際に4つのタイヤが等しく力を掛けるので安定性が高く安心して走れます。

さらにスキー場に行くのであれば用具を持っていくため、車にはある程度のスペースが必要になってきます。

スキー板やスノボーは専用の用具を設置して屋根で運ぶことも可能ですが、車内にも乗せられるように後部座席が倒しても十分なスペースが確保できるように設計されているのです。

このようにインプレッサスポーツは、現在の運転に必要なニーズに応えつつもしっかりと従来のコンセプトも受け継いでいることも分かります。

インプレッサのさらなる安心が4WDの全て

FF車であれば、通常の雪道は問題ありません。

しかし、4WDであればより安全であることも確かなのです。

そして、最近の異常気象を目の当たりにすると、4WD車を選ぶことでさらに安心できるのかも知れません。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク