下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


現行インプレッサにはハイブリッドモデルがラインアップされていません。

しかし、旧型インプレッサにはハイブリッドモデルが設定されていました。

それはどのようなハイブリッドだったのでしょうか。

スポンサードリンク

旧型インプレッサのハイブリッドモデルの燃費はどう?

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/media/page/131

走りの質の高さでは定評があるスバルインプレッサには、「G4」のサブネームを持つセダンと、「スポーツ」のサブネームが与えられている5ドアハッチバックの2種類のボディタイプが用意されています。

さらに派生車としてSUVの「XV」や本格的スポーツカーの「WRX S4」や「WRX STI」なども人気があります。

これらの中で旧型モデルとなりますが、ハイブリッドシステムも「ハッチバックスポーツ」と「XV」とで選ぶことができました。

日本では燃費の良いハイブリッドカーはダントツの人気を誇っていますので、しかし、プリウスなどと比べると燃費性能では大きく後れをとってしまっています。

現行型のプリウスのJC08モード燃費はグレードによっては40km/Lを超えています。

それに対して旧型とはいえインプレッサ20.4km/Lに留まっており、燃費性能面では魅力的な数字となっていません。

インプレッサの同型のガソリン仕様の燃費は15.8~17km/Lとなっているので、これと比べても2割程度の向上しか実現しておらず、ユーザーの目を惹くほどではないのです。

ちなみに現行型におけるガソリンエンジンの燃費は18.2km/Lと向上しており、ハイブリッドモデルは用意されていません。

では、なぜあまり燃費が良くないのでしょうか。

それはあくまでもガソリンエンジンの補助的な構造となっているからです。

トヨタからシステムそのものをそっくり借り受ければ話はちがっていたのでしょうが、したがって通常多くの人が期待する圧倒的な燃費性能や静けさやEV走行、さらには大幅な減税などは期待しないほうが良いでしょう。

ところで中古車市場ではハイブリッドモデルがノーマルモデルに比べると平均20万円ほど高いというのが相場です。

なぜ性能的にほとんど変わらないのに、20万円もの差がつくのかといえば、新車価格が高いからということもできますが、それだけではなくやはりハイブリッドというだけで消費者にとっては価値があるように思うからです。

詳しい性能をよく知らないで、単純に燃費が良いのだろうというイメージだけで購入してしまうのかもしれません。

ただ、それでもインプレッサの基本性能が非常に優れているため、旧型型であっても素晴らしい運転を楽しむことができます。

しかも、新型の評価がさらに良いために、旧型の中古車の価格がかなり下がってきていて、お買い得となっています。

そういう意味では、どのようなタイプのインプレッサを購入しても、満足度は高いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

インプレッサの燃費は1ヵ月のガソリン代はどれくらいかかる?

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/media/page/131

日本の自動車メーカー「SUBARU」が生産する乗用車に「インプレッサ」があります。

この車は、1994年に生産が開始され、同社のフラッグシップ車両である「レガシィ」の弟分というポジションにあると言われ、セダン・ワゴン・クーペとそれぞれのスタイルを持ち、スポーツマインドを高く持つグレード「WRX」は多くのファンに高い人気を持ちます。

北米・欧州・豪州・アジアと各市場でインプレッサに搭載された先進安全性能「アイサイト」は耐衝撃性性能・前面衝突予防性能・ヘッドライト性能・チャイルドシート取り付けの4つの観点で世界最高評価を受けています。

ノーマルは4WDとFF が用意され、WRXは同社が世界の誇る、水平対向エンジン(4気筒2000㏄)に直噴DOHCターボを搭載したスポーツモデルで、駆動方式はマルチモード対応の4WDです。

ターボ搭載モデルのWRXは使用燃料がプレミアムガソリン(ハイオク)、ノンターボのG4はレギュラーガソリン対応です。

オートマチック車はすべて変速機にCVTが採用され、また、アイドリングストップ&スタート機能が搭載され、燃費を軽減する工夫がされています。

インプレッサの気になる燃費は、JC08モード燃費でFFノーマルが18.2km/L、4WDが16.0km/Lとなり、WRXの場合、JC08モード燃費で10km/Lとなります。

JC08モード燃費は一般的にカタログ燃費と言われるもので、市販車をテスト走行する時に様々な条件で走行し、出た数値をデータベース化したものですが、実際にはドライバーごとの運転癖やよく走行するルートの路面状況等により、JC08モード燃費と実燃費は大きく異なります。

実際に購入したオーナ情報を平均化した実燃費はノーマルエンジン搭載モデルで11.5km/Lで、ターボ搭載モデルで7km/Lというところです。

インプレッサの燃料タンク容量は50Lタンクですので、ノーマル車で575km、ターボ車で350kmの走行が可能となります。

50Lでレギュラーガソリン(140円/L )の場合7000円、プレミアムガソリン(150円)の場合7500円です。

1ヵ月平均2回の給油でのノーマル車が14000円~15000円掛かります。

WRXは4WDでターボ搭載がされているため、街乗り屋や高加速時に燃費の悪化が見られるため、同じタンク容量でも走行できる距離が200km以上少なく、実質的に負担が大きくなります。

スポンサードリンク

インプレッサの性能を燃費でどう判断?

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/media/page/131

ルックスと走りに定評があるインプレッサは、燃費の点でも進化や性能のアップを果たしています。

性能の変化が分かるのはカタログスペックの変遷で、初代の数値が理解を深める基準になります。

初代GF3グレードの燃費性能は、5MTレギュラーのFF仕様だと1リットルあたり15kmです。

4AT仕様のGF6では同じくリッター12kmで、4WDタイプだと5MTで約13から約14km、4ATで約11kmから約13kmの間となります。

翌年に販売されたGF4は、5MTの4WD仕様で約15kmと性能の微増を果たします。

インプレッサの進化は着々と続けていて、1994年に発売された5MTのFF車のGF1では、1リットルで約16kmに到達しています。

4AT仕様でもリッター14kmを出していますから、マイペースながらも進化が行われたことが分かります。

4WDタイプが進化したのは、燃費が改善するCVTが導入された同時期のモデルです。

5MTのGP3は約18kmの数字を叩き出しているので、このタイミングでインプレッサの大きな変化があったといえるでしょう。

同じ4WDタイプのCVTモデルは、同等のカタログ燃費に留まっていますから、この点に理解が深まるヒントがあると考えられます。

FFタイプのCVTレギュラー車は18kmを超える性能を記録しているので、駆動方式の制限を除けば、大幅に進化しているといえます。

最新のFF駆動CVTモデルのインプレッサでも、燃費は18kmあたりで止まっていますから、ここが同車種における上限だと思われます。
勿論、今後のモデルチェンジで性能がアップする可能性はありますし、走り方によっても左右されるので、リッター18kmが限界だとは断言不可能です。

むしろインプレッサの構造を考慮すると上々で、期待に応えるように性能が向上したと評価されます。

他の車種と比べるとやや不利な傾向ですが、それでも愛用しているドライバーからの評判は良く、トータルで満足感が得られるとの評価を得ています。

ガソリンの消費も許容できる範囲内で、運転の工夫を行えば改善できると好評です。

何より走りや乗り心地の満足感が高い車ですから、多少の欠点は逆に可愛いところだと認識されている形です。

1リットルで20kmの距離を走ることができる、ハイブリッド仕様車も登場していますが、こちらの評価はガソリン車よりも低めです。

ガソリン車ならまずまずといったところなので、ハイブリッドとどちらかを選ぶなら、全体的なバランスが優れるガソリン車が狙い目となります。

インプレッサのハイブリッドが全てではないという事実

燃費さえ良ければいい車だということではありませんが、十分なパフォーマンスがあり燃費も良ければいうことはありません。

しかし、そのために20万円以上多く支払っていては、経済的とはならないのです。

ハイブリッドが最もいいといわれていても、価格の安い通常のガソリン車の方が経済邸であるということも事実なのです。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
→【スバル・インプレッサ】人気カラーは何色でしょう?色見本を参考に!
→【スバル・インプレッサ】後部座席の荷室容量や車中泊について
→【スバル・インプレッサ】試乗した場合の試乗評価はどうか?
→【スバル・インプレッサ】値引き相場についてはどうか?限度額はどのくらい?
→【スバル・インプレッサ】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク