下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


ホンダが国内に復活させた「シビック」を気にしない訳にはいきません。

セダンとハッチバックというインプレッサと共通のボディを持つシビックは、どのようなクルマなのでしょうか。

そしてインプレッサとの比較ではどんな違いがあるのでしょう。

スポンサードリンク

インプレッサvSホンダシビックの価格と性能を比べて選ぶ

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

引用:https://news.honda.co.jp/searchimg/index.php?mode=search&lang=ja&page=3

インプレッサはスバルから発売されているスポーツカーであり、現在のモデルは環境に配慮した低燃費なシステム、アイサイトなどの先進的なテクノロジーを導入した安全性能の向上が行われているのが特徴であり、現代人のニーズに合わせた車に仕上がっています。

インプレッサの現行モデルは、2.0i-S EyeSightと1.6i-L EyeSight S-styleの二種類がラインナップがあります。1.6i-L EyeSight S-styleは

2WD、2.0i-S EyeSightはAWDとなっていますので、ドライバーがどのような駆動方式の車を望んでいるのかによってタイプを選べます。

2.0i-S EyeSightの燃費は15.8km/l、1.6i-L EyeSight S-styleの燃費は18.2lm/lとなっており、1.6i-L EyeSight S-styleの方が燃費が良くなっています。

価格に関しては、1.6i-L EyeSight S-styleが194万円代、2.0i-S EyeSightが260万円代です。安全に運転する為に、ドライバーが正確な認知や判断、操作が出来る環境を与える為のウィンドウやシートの形状、スイッチやディスプレイの配置を工夫しています。

スバルグローバルプラットフォームによって危険回避性能を向上させています。

vSホンダシビックは、本田技研が開発したセダン及びスポーツカーです。スポーツカータイプはTypeRという名称がついており、標準モデルであるセダンタイプにエアロパーツなどを換装して、よりスポーティーにしています。

シビック2.4L自然吸気エンジンを超えた性能を持つエンジンを搭載しており、高トルクで加速を高めているのが特徴です。

安全性能も本田技研が開発したシステムを導入する事で高めており、ドライバーが安全に乗る事が出来ます。セダンタイプはガソリン車で19.4km/lの低燃費を実現しており、価格は265万円となっています。

TypeRはセダンタイプをスポーツカー仕様にしたモデルであり、より快適に走行出来るようにエアロパーツに換装されているのが特徴です。

燃費は12.8km/lとなっており、セダンタイプよりは性能が低いですが、その代わり他の部分が強化され、価格は450万円となっています。

このように、インプレッサとホンダシビックは、同じスポーツカーでも開発コンセプトに違いがあり、ドライバーのニーズにも違いがあります。

価格はホンダシビックのTypeRが最も高くなっています。車の性能は燃費や安全性能、加速度性能など多岐にわたっており、運転者が望む機能を持つ車を選ぶ事が快適に走らせられます。

スポンサードリンク

インプレッサvSホンダシビック大きさはどう違う

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

引用:https://news.honda.co.jp/searchimg/index.php?mode=search&lang=ja&page=3

車は運転するときに大きさによって、取り扱いやすさが大きく違います。そのため似たような車種であっても実際に運転してみると、運転しづらいということが起きたります。

また室内の広さも違ってくるため、見た目や操作性だけでなくそういった点にも注意を払うことが大切です。

スバルのインプレッサvSホンダシビックでは、そのようなことも把握して比較することが大切です。

インプレッサの大きさですが、スポーツとG4では多少の違いがあります。

スポーツでは全長が4460の全幅1775、そして全高が1480mmです。

室内長が2085に室内幅が1520、室内高は1200mmです。

これに対してG4では全長4625全幅1775、全高は1455mmと長さが短く高さは微妙に低い特徴があります。

しかし室内長や室内幅、それに室内高は同じであり全長が短い分G4のほうが小回りが利くといえます。

ホイールベースは同じであるため最小回転半径は5.3mですが、それでも長さが多少でも短い方が運転はしやすいです。

一方でホンダシビックの方ですが、こちらも2種類あります。ハッチバックタイプでは全長4520の全幅1800、全高が1435mmです。

室内は長さが1910の幅が1465、高さが1160mmです。セダンタイプでは幅は同じですが、全長が4650高さが1415mmと長いけれど少し低い仕様となっています。

ホイールベースは2700mmで、インプレッサ2670mmより若干大きいです。

このようなことからホンダシビックでは、ハッチバックタイプの方が長さが短いので操作性がいいといえます。

vSホンダシビックの大きさの比較は、全体的にインプレッサのほうがコンパクトにできているので扱いやすいといえます。

しかし大きさ的にはホンダシビックのほうが大きいので、快適に思えますが室内の広さは逆です。

そのためどちらにしろ快適に乗りたいのであれば、インプレッサのほうがゆったりとしているので快適に利用することができます。

快適に利用できることも重要ですが、外観の良しあしやインパネの使い勝手など比較すべき点はまだまだあります。

収納スペースがどちらが多いのか、便利な装備があるかないかなど車選びには様々な見るべき点が多いです。

それらをしっかりと押さえておくことが、失敗しない車選びに繋がります。自分の好みや使い勝手、そして価格など総合的に見て最適なものを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

インプレッサvSホンダシビックどちらが燃費がいいか

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

車の種類には様々なものがありますが、同じような形の物を選ぶときには様々な比較を行うことが重要です。

メーカーによって特徴が異なり、乗り心地や運転のしやすさなどいろいろと違うものがあります。

また購入費も違ってくるので、その後の維持費なども考量して選ぶことも大切です。

その際に考えなければ行けないことがあり、その一つが燃費になります。これの良しあしによって維持費は大きく変わってくるため、できるだけガソリン代を抑えたいという場合にはしっかりと確認しておくことが大事です。

似たような車種は多くありますが、その一つがスバルのインプレッサとホンダのシビックです。

同じセダンタイプになりますが、メーカーも違えば価格も違います。

そのため購入する際に迷ったときは、どのような違いがあるのかしっかりと確認しておくことが大切です。

まずインプレッサの方ですが種類やグレードによって違いがありますが、燃費は15.8から18.kmとカタログ上では記載されています。

排気量が多くなるほど燃費が悪くなっていますが、1600ccであれば18.2kmいけるので十分な走行が期待できます。

またパワーを必要としているのであれば、2000ccのインプレッサスポーツを選べばストレスなく運転することが可能です。

ホンダシビックではセダンタイプとハッチバックタイプがあり、どちらもFFなので注意が必要です。

そのため雪道を走るときなどは四駆ではないので不安がありますが、燃費は17.4から19.4kmあるので安心して乗っていることができます。

これらのことからインプレッサvSホンダシビックでは、燃費はホンダシビックのほうが優れていることがわかります。

しかしここで注意しなければいけないことがあり、それはホンダシビックのほうがベースの価格が高い点です。元の費用が高いということは初期費用も掛かることになり、それに見合うだけの価値があるかしっかりと判断することが重要です。

判断基準にはどれだけ走れるかということも重要ですが、内装の好みや乗り心地に見た目など様々なことを考量して総合的に決める必要があります。

運転をするということはどれだけ安全対策ができているかも重要であり、そういった装備も十分に見極めることが大事です。

自動ブレーキや誤発進防止などいくらあっても足りないくらいです。その点の安全性も入念に比較することで、どちらがいいか判断する基準にもなります。

インプレッサvSホンダシビックのどちらを選ぶかはあなた次第です!

シビックとインプレッサでは価格帯がかなり異なるので、直接的に競合することはないようです。

しかし、より現実的なインプレッサでゆったりと走るのか、刺激的なシビックで走る喜びを手に入れるのかで、葛藤する人も多いのではないでしょうか。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク