下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


インプレッサと比較する車種としては、マツダのアクセラが最適でしょう。

どちらもハッチバックのスポーツとセダンというボディタイプを持つのも、比較する上で丁度いいのです。

そして、水平対向エンジンと、クリーンディーゼルエンジンという、特徴あるパワーユニットを採用している点も、興味ある比較となるはずです。

スポンサードリンク

■インプレッサVSマツダアクセラ、動力や走行性能、価格比較など

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

引用:http://www.media.mazda.com/CGI/Access/search/search.cgi

スバルインプレッサの購入を考えている方は、マツダアクセラの存在も気になるのではないでしょうか。

インプレッサのほうが新しいという点では有利ではありますが、アクセラもマイナーチェンジを繰り返しながら、性能の向上に余念がありません。VSマツダアクセラを様々な角度から検証してみましょう。

まず動力性能の比較ですが、インプレッサのエンジンは、水平対向4気筒の1.6Lと2Lの2種類が用意されています。

どちらも突出するような性能を誇るわけではありませんので、少しでも余裕が欲しい方は2Lを選んでおけば間違いないでしょう。

対するアクセラには、2Lのガソリンエンジンが廃止され、その代りに1.5Lのクリーンディーゼルターボが加わりました。

このほか2.2Lクリーンディーゼルターボと1.5Lガソリンの3種類が用意されています。

つまり3種類のエンジンのうち2つまでがディーゼルターボというのがアクセラの大きな特徴となっています。

これらすべての中で最も力強いのは、2.2Lクリーンディーゼルターボとなります。

大きなトルクによって強烈な加速を味わうことができるでしょう。ただディーゼルエンジンに抵抗がある方は、選択枝から必然的に外れてしまいます。

走行性能の比較では、インプレッサはプラットフォームと足まわりが刷新されたことにより、優れた走行安定性を実現しています。

スポーティな足回りではありませんが、高めの速度で曲がり角に進入しても滑らかに旋回していきます。

それに対してアクセラはスポーティな乗り味になっています。そのため小さな舵角でも車両の向きが正確に変わる特性となっています。

これは好き嫌いの分かれるところですが、乗り心地が良くのんびり運転したいのか、それともスポーティな運転を楽しみたいのか、これによって選択が変わってきそうです。

その意味では分かりやすい比較と言えるでしょう。

価格に関しては、インプレッサスポーツ2.0i-Sアイサイトの価格は237万6000円となっており、アドバンスドセイフティパッケージを加えると243万円となります。

これに対してアクセラで同じ価格帯となるグレードは、アクセラスポーツ15XDプロアクティブで、価格は243万円です。

これにセーフティクルーズパッケージなどを加えると257万400円となり、やや割高感を否めませんが、ディーゼルエンジンに価値を置くかどうかでとらえ方も変わってきそうです。

スポンサードリンク

■インプレッサVSマツダアクセラ ボディサイズ・車内空間・荷質の大きさ勝負

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

引用:http://www.media.mazda.com/CGI/Access/search/search.cgi

強力なライバルとなるであろうアクセラ。両者の大きさに視点を移してその性能を比べてみましょう。

ボディサイズ、車内空間、荷室の広さではどちらがより優れているのでしょうか。

まずインプレッサの大きさについてですがボディサイズはセダンが4625×1775×1455mm(全長×全幅×全高)、ハッチバックで4460×1775×1480mm(全長×全幅×全高)となっています。

一方のマツダアクセラはセダンが4580×1795×1465mm(全長×全幅×全高)、ハッチバックで4460×1795×1470mm(全長×全幅×全高)となります。

ライバルとなる車というだけあり、微妙な数値上の違いはあれど同じような形状とボディサイズと言えます。ホイールベースは前者が2670mm、後者が2700mmとなり、やはり両者の大きさにはほとんど違いがないことが分かります。

数値上ではアクセラの方が多少、大きい作りになっていますが、車の使い勝手の良さ、小回りの聞きやすさという点では違いを意識することは少なそうです。

次に室内空間の広さについて比べてみましょう。

インプレッサスポーツアクセラスポーツの場合、前者の車内空間が2005×1490×1205(室内長×室内幅×室内高)、後者が1845×1505×1170mm(室内長×室内幅×室内高)となっています。

アクセラはデザインの都合で車内空間が犠牲となっている面があり、インプレッサの方が長さと高さでは勝っています。

幅ではアクセラの方に軍配が上がりますが、室内容積は3.6㎥と3.25㎥となり両者とも乗車定員は5人となっているので車内空間の広さでは前者の方がゆったりとしたドライブができると言えるでしょう。

そして、最後に荷室の広さについて比べてみましょう。

荷室の広さでは前者がセダンが460L、スポーツが385L、後者がセダンが419L、スポーツが364Lとなっており荷室の広さではインプレッサはより多くの荷物を積めることが可能となっており、前者は加えて荷室の位置が下側にあるので重たい荷物を入れる際は楽に詰め込むことが可能です。

両者ともリアシートを前方に倒すことによりさらに荷室を広くでき、大きな荷物に対応が可能であるとしてもこの勝負は前者の方に利便性があると言えるでしょう。

さて、両者の大きさ、広さに注目して行ったVSマツダアクセラ大きさ勝負では車内空間の広さ、快適さ、荷室容量の広さ、ものの詰め込みやすさという点でインプレッサに軍配があがる結果となりました。

スポンサードリンク

■インプレッサVSマツダアクセラの燃費性能対決

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/1788987?title=%E7%B5%A6%E6%B2%B9%E3%83%8E%E3%82%BA%E3%83%AB4

安定した人気を誇るインプレッサに対し、マツダアクセラは競合する車ですから、何かと比べたり優劣が評価されることがあります。

インプレッサは2種類のガソリン車を提供していますが、一方のマツダアクセラは1種類だけなので、まずその点に違いがあることが分かります。

カタログ燃費で比較してみると、前者はグレードによって多少異なりますが、燃料1Lで16kmから18kmの範囲内に収まる傾向です。

VSマツダアクセラの方は20km超とやや上回る数値で、カタログ性能だけなら上回っているといえるでしょう。

当然ながら、これらはあくまでもカタログ上の性能に過ぎないので、実際は乗って体感してみないと分からないところです。

普段からインプレッサに乗っている人の間では、街乗りでだと10kmを切る8kmから9km、走りやすい市街地なら約10kmという認識が根付きます。

対するVSマツダアクセラは、一般道で1Lあたり15km、高速道路であれば18kmも達成できることが分かっています。

最新モデル同士の比較でこの違いですから、カタログスペックよりも差が開く結果に至ります。

つまりインプレッサVSマツダアクセラで比べると、燃費性能のみなら後者に軍配が上がるということです。

性能の改善に取り組んではいるものの、インプレッサは元々燃費重視の車ではないので、VSマツダアクセラでこのような結果が出ても不思議ではないでしょう。

むしろ普段から乗っている人なら納得ですし、ファンはこういった弱点を含めて愛しているといえます。

VSマツダアクセラで、部分的にでも性能に敵わない点があるのは残念ですが、事実は事実で受け入れる他ないものです。

それでも、乗りやすい癖のなさは前者の強みですし、ちょっとした目的なら快適なドライブが楽しめます。

工夫次第で燃費改善も不可能ではありませんから、乗り方の工夫で魅力が引き出せる、そんな特徴を持った車として人気です。

家族と頻繁にドライブをしたり、街乗りでショッピングに出掛ける用途にはあまり向かないでしょうが、短距離の通勤や高速道路メインの走行なら悪くないです。

比較によって明確に違いが分かれているので、選ぶとしたら用途で決めたり、何を重視するかで絞り込むことになるでしょう。

乗り方で改善するとしても、燃費性能に差があるのは明らかなので、維持コストを念頭に置いて重視したり、環境性能を求めるか否かが選択の分かれ道となります。

インプレッサVSアクセラのまとめについて

どちらの車種もそれぞれのこだわりがあり、クラスは同じでもまったく異なる性格を持つインプレッサとアクセラ。

また、ユーザーにとっては外観のデザインの好き嫌いもあります。

自分のライフスタイルにあった車種がどれなのか、慎重に検討しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。
あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!