下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


現行モデルのインプレッサを購入する人の多くは、旧モデルのインプレッサオーナーも多数いると思います。

そんなユーザーが現行モデルに乗り換えるなら、どこが変わってどこが変わらないのかを知っておくべきです。

また、中古車で考えているのなら、年式による違いも知っておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

現行型インプレッサから新型C型へのマイナーチェンジを予想

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

スバルを代表する人気車種とも言えるインプレッサですが、五代目となる現行型は2016年の10月に発売されました。

その後、2017年の10月に最初のマイナーチェンジを経験しB型となっています。

さらに、今回新型C型へのマイナーチェンジが、一部のインターネット上で予想され注目が集まっているのです。

現行型インプレッサが発売されたのは2016年であり、まだそれほど経っていないため、新型へのマイナーチェンジをしたとしても、外装や内装のデザインさらにはボディサイズが大きく変わることはないであろうと予想されています。

ボディタイプに関しても、現在の5ドアハッチバックと4ドアのセダンが引き続きラインナップされると考えることができます。

ではエンジンスペックや燃費についてはどうでしょうか。

新型インプレッサC型も現行型のB型と同じく、1.6L水平対向4気筒エンジンと2.0L水平対向4気筒直噴エンジンがラインナップされると予想されています。

エンジンスペックそのものの大きな変更はないであろうと考えられますが、それでも改良や調整などによって燃費が多少向上する可能性はあるかもしれません。

参考までにB型の場合1.6Lで実燃費は12から14km/L2.0Lで11から13km/Lです。

気になる新型インプレッサC型の新車車両価格についてですが、B型からほぼ据え置きか、あるいは若干値上げする可能性があると言われているのです。

ちなみに現行型の新車車両価格は、税込みで194万から261万円の設定となっています。

さらに、安全な走行に欠かせない予防安全装備や自動運転については何と言えるのでしょうか。

新型インプレッサC型も現行型のB型と同様、予防安全装備のアイサイトVer.3が搭載されると同時に、最新のアイサイト・ツーリングアシストが搭載される可能性も高まっているようです。

このアイサイト・ツーリングアシストは、2017年の8月に販売された車両に初採用された最新のシステムです。

アクティブレーンキープと全車速追従機能付きクルーズコントロールを組み合わせることによって、機能を一層改良し充実させるよう配慮がなされています。

これにより、高速道路の同一線上における半自動運転が可能になっているというわけです。

そんな期待のC型の発売日は、現時点で2018年の10月頃になるであろうと予想されており、B型の発売が2017年10月だったことから、この予想には妥当性があると考えられているのです。

スポンサードリンク

新型と旧型インプレッサの違いは何か

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサ新型旧型の違いは何かというと、色々な部分を比較すると良く分かります。

まずコンセプトと外観を見ていくと、新型は高級感とスポーティさを両立させたデザインになっています。

機能性とデザイン性が上手くマッチし、全体的にデザインの彫りが深い感じになっているのが特徴です。

フロントグリルやポジションランプといったデザインモチーフを目立たせる事によって、一目でインプレッサと分かるようなデザインになっています。

そこにボディのシャープなラインがのる事で、全体的に高級感とスポーティさも表現出来ているのが大きな魅力です。

一方旧型「新しい価値を提供する」というコンセプトから開発されました。

全体的に若干丸みを帯びたデザインが特徴です。その為車体を見ると可愛らしい印象を持ちます。

当時は可愛らしい感じがしましたが、新型が出た今では若干古さも感じさせます。

次に装備やインテリアを比較してみると、旧型はもちろん安全装備は一定の高いレベルを保っていました。

しかしどうしてもどこか物足りなさが否めませんでした。

しかし新型はこうした心配を全て払拭すべく日本車として過去に例がない程の安全装備になっています。

世界的に見てもトップクラスの安全性を誇り、車体価格を見てもとてもリーズナブルです。

安全装備を見てみると、歩行者探知式自動ブレーキや、エアバッグも前席やサイド、カーテンエアバッグにニーエアエアバッグを標準装備しています。

さらに国産車では初の歩行者用エアバッグまで標準装備化しているのが特徴です。

インテリアを比較すると、新型旧型の広がり間のあるデザインと同じテイストを継承しています。

しかしその系譜は受け継ぎながら、より洗練されたものとなっています。

各デザインの質感や精密さは大きく向上し、画面もよりカラフルになり見やすくなっているのが特徴です。

もちろん走行性能も大きく進化しています。

ただ燃費性能に関しては、もちろん向上していますがわずかに留まっているのが現状です。

それでも運動性能は大きく向上しています。

特にハンドリング性能は進化しており、指一本の運転でも自動車がしっかりと反応しドライバーの意のままに走ってくれます。

サスペンションもしなやかに動く為、乗り心地は良いです。

エンジンも大きく改良されましたが、燃費向上はそれ程変わっておらず、車種のラインアップもガソリン車だけというのは今後改良の余地があります。

このように新型旧型インプレッサを比べると安全装備に運動性能、デザインや質感等全てを見ても大きく進化しているので、価格にとにかくこだわる人以外は新型を選んだ方が良いです。

スポンサードリンク

インプレッサの年式による比較と特徴

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサはスバルが1992年より製造販売している乗用車で、年式によりセダン、ワゴン、ハッチバックさらにクーペなどもモデルがあり、また本格的スポーツモデルのWRXも用意されました。実用性を重視したものから強烈なスポーツ走行を楽しめるものまで、幅広い層から支持を受けています。

初代GC/GF系は1992年から2000年まで製造販売されました。注目されたのはスポーツワゴンと呼ばれるワゴンとハッチバックの中間のようなデザインのモデルで、ワゴンほどの積載性能はありませんが、その代わりに最高出力240馬力を発揮するEJ20型・DOHCターボエンジンを搭載するWRXが用意されることになりました。

2000年場した2代目GD/GG系は丸い形状のヘッドライトが個性的でしたが、あまり人気がなかったようでマイナーチェンジでヘッドライトの形状が変更されています。衝突安全ボディーの設計に力が入れられ、新環状力骨構造を採用した他、前面衝突時の衝撃を吸収する効果があるサブフレームが追加されました。

2007年には「新快適スタイル」というコンセプトのもとに3代目に移行します。インプレッサの代名詞でもあったスポーツワゴンが姿を消し、通常の5ドアハッチバックとセダンのみの構成となりました。また全幅が1,700mmを超え全車3ナンバー化され、小型車から中型車にクラスが上がっています。どっしりとした感じのスタイルは、これまでのインプレッサとは一線を画す雰囲気があり、安全性の面においてもアメリカの保険団体の衝突安全テストで最高評価を獲得しています。歴代のインプレッサを比較すると、安全性の向上には非常に力を入れていることがわかります。また「XV」と名付けられたSUVも新たに加わったのが注目です。

2011年に登場した4代目では、「New Value Class」をコンセプトに質感の高い内外装と走りの気持ち良さ、さらに環境性能の向上まで開発テーマに掲げての登場でした。エンジンは次世代型に全面的に刷新され、剛性感も高く、硬質な乗り味は一クラス上の高級感があります。またEyeSight(ver.2)搭載グレードを設定し、安全性がさらに向上しています。

2016年に登場した5代目となる現行型では、プラットフォームが全面的に刷新され、それにより操舵応答性と操舵安定性が飛躍的に向上しました。スポーティな走りというよりも、高級感のある落ち着いた乗り味となっています。

どこが違うのかを知ることが大切

フルモデルチェンジとことなり、マイナーーチェンジでは変更箇所が少ないのが普通でした。

しかし、近年では技術革新のスピードが速く、マイナーチェンジにおいて大掛かりな変更や追加装備を設定するケースが増えています。

そうしないと、新型車にたいして後れを取ってしまい、商品価値の低下を招いてしまいます、

特にアイサイトなどの安全装備においては、次々に機能を向上させる傾向にあります。

自分の車と新型の差はどれくらいなのか、よく調べる必要がありますね。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク