下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


新古車というのを聞いたことがあると思いますが、それはどんなものなんでしょうか。

新車?中古車?

いったいどのような車が新古車なのでしょうか。

そしてどんなメリットがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

インプレッサの狙い目は中古車の型落ち

引用:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E8%BB%8A%E5%B1%8B&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

人気車種のインプレッサは、新車だと高額な価格帯ですが、中古車であれば手頃に入手できます。

中でも型落ちは価格の落ち着きが見られるので、より優れた買いやすさに期待感が持てるでしょう。

狙い目は最新よりも1つ前の世代で、価格だけでなく入手性にも期待することができます。

1つ前の型落ちを狙う理由は、新型の登場で買い替え需要が発生して、中古車市場の在庫が充実しているからです。

安さだけなら、もっと古い型を狙う方法もありますが、それだと完成度の高い綺麗なインプレッサに出合うことはできないです。

車はモデルチェンジで着実に進化しますから、極端に古い型落ちだと、デザイン的にも性能面でも魅力が損なわれがちです。

しかし、1世代前なら古さは感じられませんし、性能面も少し新型に譲る程度で不満を感じにくいわけです。

そして何より、まだまだ乗れる中古車に出合える可能性が高いので、インプレッサを狙うなら現行の1つ前が狙い目です。

車は消耗品で寿命もありますから、メンテナンスをするにしても、永久に乗り続けることはまず不可能でしょう。

飾って眺めるだけなら問題ありませんが、インプレッサは実用的に乗ってこそ真価が活きる車なので、乗る前提で良品を探すことが大切です。

2世代前ともなると、流石に走行距離が5万kmを超えている商品も珍しくなく、10万kmが目前に迫っている中古車も現れ始めます。

これではいくら安くても、好みの車に乗り続けるのは難しく、メンテナンスで寿命を延ばすのにも限界があります。

つまり、良い状態のインプレッサをお得に手に入れたいなら、1世代前の中古車がベストという結論になります。

更に走行距離が短めで、メンテナンスが行き届き車検も有効であれば、型落ちとは思えない魅力的な車が購入できるでしょう。

幸いなことに、市場に溢れる商品の数は充実していますから、選り取り見取りで比較して好みに合う一品が選べます。

憧れのあの車が、現実的な価格で手に入るようになるので、やはり狙い目はこのような条件に落ち着きます。

現行モデルのマイナーチェンジ前だと、まだ価格の下げ幅はそれほど大きくないので、あまりお得感はないといえます。

状態の善し悪しも、厳選して選んだ型落ちと比べてそれほど差は生じませんから、どちらを選ぶのがベストなのかは明確です。

入手後も十分にメンテナンスを行ったり、オプションを付けて機能の強化を図れば、これからも長く乗り続けられる愛車となります。

スポンサードリンク

インプレッサの中古車の相場について

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサは1992年に販売が開始をされた機種で日本の若い人たちのあいだでは名称を略してインプの愛称で親しまれてきました。

幅広い用途に対応するためにスポーツワゴンやセダンを始めとするあらゆるタイプの種類の機種が誕生しました。

スポーツワゴンには大きな荷物も載せることのできるハッチバックがあることで人気となり、セダンはスポーツワゴンよりも低価格での購入ができるものとして人気があるものです。

インプレッサの価格は新車の購入価格はおよそ190万円から260万円ぐらいの価格の設定となっており、人気の機種ながらもお値段が高額となっているため新車を購入するにあたっては高いという方もいるはずです。

インプレッサは1992年の発売当初から長年にわたって人気の機種のため新車ではなく中古車でも購入したいと考えている方もいるはずです。

中古車にはあらゆるタイプのものがありおよそ2000台以上のものがあります。

インプレッサの中古車の全体的な相場というのは幅広いもので6万円から高いものでは680万円あたりまであります。

おすすめな中古車はインプレッサの良さが出るタイプのものがおすすめとなりますが、まず挙げられるのが長時間の運転にも疲れにくいタイプのものを選ぶのが良いです。

全体的な特徴としてはコンパクトなタイプのボディーにしてゆったりとした室内空間があるタイプの機種が多いということです。

このような良さが生かされたものを購入することがおすすめで、なおかつ高い安全性能があるものがおすすめです。

高い安全性能が高められたものにはアイサイトという機能が備わっていてアイサイトというのは自動車が人間の目のように確認をするもので、自動車の運転中に危険な場面においてはブレーキが作動するなどドライバーの危険を察知した優れた機能が付いているということでアイサイトが備わったものがおすすめです。

また最近の2016年以降に販売された機種は運転席と助手席の両方の席において室内の温度を変更することができるようになったことやこれまでよりは大きいタッチスクリーンディスプレイが装着されたことなども挙げられますが長時間の運転でドライバーにも同乗者にも便利で疲れにくい快適な時間が過ごせる優れたものを選ぶのがポイントです。

中古車の相場というのはあらゆる種類のものがあるため6万円から680万円と幅広いものですが、それぞれの予算に合わせて自分にあった1台を見付けることが大切です。

スポンサードリンク

スバルインプレッサの新古車のメリットとデメリット

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサはスバルが1992年から製造販売している車種で、左右対称の前輪駆動による安定感で、高い走行性能と運動性能でスポーティな走りに定評があります。

また衝突防止だけでなく手軽に適正な車間距離を保てるアイサイトで安心も大きいです。

アイサイトによるムラのない走りも相まって燃費もよい車です。

ミドルサイズのスポーツセダン、スポーツワゴンとして人気が高く、スバルを代表する車種の一つといえます。
この車種は新古車も人気です。

新古車というのは、ナンバーの登録をしてすぐ手放された車のことで、正しくは未使用車といいます。

走行距離も短いものが多く、販売経路としては中古車市場に紛れています。

ほぼ新品の車ということになりますが、中古車扱いなので価格は安くなります。

なぜこのような車が発生するのでしょう。

ひとつに、車販売員がノルマ達成のために自腹で買ったものをすぐ手放すから、という説があります。

車会社から販売ノルマ達成時にもらえる報奨金が大きいのと、新古車はすぐ販売するので、お店としての損失は限定的なのです。

この新古車にはメリットがあります。

ほぼ新車として乗れる上に、自動車税と重量税がかからないことです。

新車と同じくメーカー保証もついてきます。

また納期が新車に比べて短いというのも大きなメリットです。

車の納期は様々な要素が絡んで決定しますが、車の人気によるところが大きいです。

生産台数に比べて購入希望者が多いと納期が長くなります。

通常でも1~2か月かかるのですが、人気車両になると納期は3か月以上かかります。

インプレッサも人気車なので納期は2~3か月以上かかる場合があります。

新古車ですと人気車両でも1~2か月まで納期を短縮することが出来る場合があります。

デメリットとして、人気のあるグレードの車はすぐに売れてしまい品薄であることが挙げられます。

特にインプレッサ・スポーツの流通量はかなり少なくなっています。

お気に入りの車種を見つけたらすぐに探し始めるのがよいでしょう。

中古車提案サービスを行っているところに、代行して探してもらうという手もあります。

在庫からしか選べずオプション等を追加できないということもデメリットです。

逆を言えば人気色などを避けて選べばその分お得に買えるということでもあります。

展示されて販売されている点は通常の中古車と同じですから、

購入時は傷はないか、点検はきちんとされているかなど中古車同じ点も注意します。

新古車も色々

新古車といってもいろいろな経歴があります。

誰も乗っていない新品同様なものから、数千キロ走行したものも新古車とされる場合もあるのです。

どのような場合でも、実際に見てチェックする必要があるのは中古車と同じです。

新古車という表示にまどわされず、正しい車選びをしましょう。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク