下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


現行インプレッサもいい車ですが、歴代のインプレッサもその独創的なメカニズムが多くのファンを魅了してきました。

そんな前モデルから新型に買い替える方は、今お乗りの車を手放す際にはいくらぐらいになるのか気になりますよね?

ここではそんなインプレッサのリセールバリューや買取店などのことを調べてみました。

スポンサードリンク

■インプレッサの歴史とリセール価格について知ろう

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサは日本の重工業メーカーであるSUBARUが1992年から生産や販売を行っている乗用車のことで、通称「インプ」として親しまれています。

インプレッサには大きく分けてセダン系・ワゴン系・ハッチバック系・クーペ系の4つのモデルがありセダン系にはセダンWRXやアネシスなど、ワゴン系にはスポーツワゴンやグラベルEXなど、ハッチバック系にはXVやスポーツなど、クーペ系にはリトナやクーペWRXなどが有名です。

初代は1992年から2000年までで、ボディタイプによって5ドアのスポーツワゴン・4ドアのセダン・2ドアのクーペが販売されていました。

特別仕様車や年次改良を積極的に行ったことで日本の小型車としては珍しい8年というとても長期に渡るモデルサイクルを通じ、高い品質を維持しました。

2代目は2000から2007年までで、ボディタイプによって5ドアスポーツワゴン・4ドアセダンが販売されていました。

ボディデザインは、初代インプレッサを引き継ぎスポーツワゴンとセダンが用意され新環状力骨構造を採用したり、衝撃吸収効果のあるサブフレームを追加したりと初代より安全性が追及されています。

3代目は2007年から2011年までで、ボディタイプによって5ドアハッチバック・4ドアセダンが販売されていました。

それまでの4ドアセダンとスポーツワゴンに変わって販売されたのがこの3代目の5ドアハッチバックで、全長等が拡大したためコンパクトクラスからミドルクラスへとクラスアップしました。

4代目は2011年から2016年までで、ボディタイプは3代目と同様になっていますがフルモデルチェンジによって名称が変更となり、5ドアハッチバックがスポーツ、4ドアセダンがG4になりました。

アイドリングストップシステムを搭載し、環境への配慮や燃費の向上を目指しています。

5代目は2016年から発売されており、ボディタイプは4代目と同様です。

ただ4代目より全長や全幅、ホイールベースが拡大しており、歩行者保護エアバッグを標準装備しているなど先代に比べ、より安全性が向上しています。

インプレッサの歴史をチェックしてきましたが、中古で購入する場合初代から現行モデルまでリセール価格はどれぐらいなのか気になりますよね。

初代は今なお人気があり、状態が良ければ150万円以上で販売されています。2代目以降になると30万円から100万円程となっており、5代目は中古で販売されている台数が少なかったり走行距離が高くなかったりということもあって、150万円以上で販売されています。

好きな年式やタイプから、お気に入りの1台を見つけてください。

スポンサードリンク

■インプレッサを売却するなら下取り価格と買取専門店の査定額を比較

引用:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E8%A8%88%E7%AE%97&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

新車への買い換えでインプレッサを手放すときは、ディーラーの下取りを利用するのが一般的です。

下取りならディーラーで行えるので、面倒な作業を減らし新車購入時にはおまけもしてくれます。

しかしディーラーの下取り価格は、インプレッサを高額で手放せる方法ではありません。

下取り価格は車買取の専門店に比べると安く、例え新車の購入時におまけをしてもらっても割に合いません。

高く手放すことができればそれだけ新車の購入に使える予算も増やせるので、インプレッサを手放すならディーラーで示された下取り価格と、買取専門店の査定額を比較してましょう。

下取り価格は、ディーラーに伝えれば査定をしてくれます。

しかし買取専門店は多数あり、どこが一番高い査定額を示してくれるかわかりません。

また査定を受けるために愛車のインプレッサを店舗に持ち込むことを考えると、面倒になるでしょう。

買取専門店の査定額を知りたいなら、おすすめの方法は車の一括査定サービスです。

車の一括査定サービスを活用すれば、ネットを使って一瞬で一番高い買取専門店を見つけることができます。

店舗に愛車を持ち込む必要なく、サイト上で簡単な情報を入力すれば調べられますし、料金も一切無料で必ず売却する必要もありません。

気軽に利用することができますから、新車への買い換えなどで愛車を手放すことを考えているなら、まず始めに一括査定で買取額の目安を調べてみると良いでしょう。

一括査定で調べた査定額とディーラーで提示された下取り価格を比較すれば、どちらに売るのが良いか一目瞭然でしょう。

売却するインプレッサの車種や状態によっては、10万円以上の差が出ることも珍しくはありません。

また車を売却するために必要な手続きも、車買取の専門店は代行してくれます。

必要書類を用意しておけば大部分は代行してくれるので、ディーラーと比較して極端に手間がかかるとは言えません。

手間をかけずに高く売れますから、新車への買い換えで愛車を手放すことを考えているなら、一括査定で金額を調べてから買取専門店を利用するのがおすすめです。

賢く売却すれば新車の購入に使える予算も増えて、例えばワンランク上のグレードを選べるようになったり、オプションを追加したりできます。

また頭金の金額を増やすことができるので、月々の返済も負担を軽くすることが可能です。

高く売れればそれだけ多くのメリットがあるので、愛車は高額売却できる方法を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

■インプレッサを買取してもらう時の注意点

引用:https://www.photo-ac.com/main/detail/1482938?title=%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%B3%BB%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

インプレッサを買取してもらって手放す時の注意点はたくさんあります。

少しでも査定額を上げてもらいたい時は細かい点まで注意した方が良いでしょう。

まず査定をする時に見られるポイントして挙げられるのは綺麗かどうかになります。

人の目で、まず見ますので第一印象はとても大切となりまして、汚いとどうしても悪く受け止められてしまいます。

本格的に綺麗にする必要はありませんが、水洗いをして汚れを取っておくと印象もよくなるはずです。

普段から使用しているインプレッサだと貴重品や荷物を置いていたり、装飾品を取り付けたりしていると思いますが、そのようなものは取り外しておいてください。

もちろん内装も綺麗にしておくことが肝心であり、少しでも買取査定を上げるために必要なことになります。

汚れで注意しなければならないポイントはタバコによるニオイや汚れになりまして、特に焦げ跡は綺麗にしておいてください。

また取扱説明書やスペアキーなどのオプションパーツは必ず用意しておいた方がよくて、査定に大きく影響してきます。

もし事故による傷跡がある場合は個人でインプレッサを綺麗にするためには限界がありますが、無理に修理しない方が良い場合も多々あります。

買取金額がアップした額よりも修理代金の方が高いということもあるのです。

スムーズにインプレッサを買取してもらうためには必要書類を用意しておくことも忘れてはなりません。

自動車検査証、自賠責保険証明書、リサイクル券、住民票や戸籍謄本、印鑑証明書と実印、自動車納税証明書などになります。

業者によっては代行をしてくれますので細かい手続きを任せることが可能ですが、自分でしか用意できないものもありますので業者の話をしっかりと聞いておくことが大切です。

少しでも高く売りたいと考えている時は、車を綺麗にすることは当たり前ですけど、どこの業者を利用するかが大事です。

しかし、多くの方がどこを利用すれば分からないと思いますが、そういう時におすすめになるのが一括査定サイトになりまして、インターネットから気軽に申し込みができまして、車種や走行距離などを入力すると事前の簡易査定額を知ることができます。

一括査定を利用しますと、営業の電話がかかってきますので心の準備をする必要があり、実際に立ちあいの査定をする場合は時間も必要となりますので、ある程度の準備をしてから利用すると良いでしょう。

インプレッサを少しでも高く買取をして欲しい場合は、多少手間はかかってしまいますが、一社の業者にそのまま任せるよりもお得になる可能性が高いです。

■少しでも高く売るにはそれなりの努力が必要

ディーラー下取りは損するという事が良くいわれますが、新車を購入した店で、下取り車も全てまかせられ、ワンストップで完了する簡単さは捨てがたいものがあります。

その面倒事を苦にしないのなら、少しでも高く売るために努力することが必要です。

最後までご覧いただきありがとうございます。
あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク