下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


インプレッサを購入し、そのパフォーマンスや居住性に満足していても、何か物足りないと思うこともあります。

それは周りに同じようなインプレッサが溢れているからです。

自分の個性を出したい時に行うのがカスタマイズですが、すぐに思いつくのはタイヤのサイズアップではないでしょうか?

そこで、インプレッサのタイヤについて考えてみましょう。

スポンサードリンク

インプレッサのタイヤサイズは国産同クラスの中でも大きめに設定

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサは、国産の小型乗用車の中ではスポーツ性能寄りに振ったデザインとコンセプトとなっています。

リッターカーやコンパクトカーよりも大きく、ミドルサイズよりはやや小さいという絶妙なポジションで、日本では古くから人気のあるカテゴリーです。

欧州でもCセグメントという一般向けのボリュームゾーンに区分され、同クラスの車種にはトヨタカローラスポーツ、ホンダシビック、マツダアクセラなど強力なライバルも多く見られます。

海外メーカーではフォルクスワーゲンのゴルフがこのクラスのベンチマークとなっており、世界の自動車メーカーがしのぎを削りレベルの高い開発競争が繰り広げられていると言っても良いでしょう。

このクラスの自動車はタイヤサイズが15インチ程度となるのが一般的でしたが、近年は車体の大型化やハイパワー化が進み、大径タイヤの採用が標準的になっています。

インチが大きく扁平率の低いタイヤは、見栄えがよく操縦安定性に優れているためにインプレッサのようなスポーティーなイメージのある車にもよく似合っています。

その一方で、タイヤの価格はサイズが大きくなると価格も高くなりますので、冬道運転のためにスタッドレスタイヤを購入する必要のある方は、余裕を持った資金計画を立てることが必要となります。

現行の5代目インプレッサには5ドアモデル(SPORTS)とセダンモデル(G4)に共通してそれぞれ3つのグレードがあります。

最もベーシックで必要十分な装備を備えた1.6Lエンジンを搭載したグレードの1.6iL、ハイパワーでスポーティーな走りを実現できる2.0リットルのエンジンを搭載したグレードです。

2.0モデルには標準の2.0iLと最高級の2.0iSがあります。その3つのグレードで採用されているタイヤサイズが、下から16インチ、17インチ、18インチとなります。

詳細を見ていくと1.6iLのタイヤサイズは205/55R16、2.0iLが205/50R17、2.0iSが225/40R18を採用しています。

最もベーシックなグレードでもタイヤサイズは比較的大きく、上級モデルであれば扁平率が40の18インチタイヤという、一昔前では高級車の上級スポーツグレードに搭載されていたような大径タイヤが装着されています。

そのため見た目がきわめてスタイリッシュで、エンジンパワーをタイヤ全体で受け止めてグリップ力の強いスポーツ走行ができるという期待感も高まることでしょう。

スポンサードリンク

インプレッサはサイズアップを実現しています

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサは、ポルシェにも採用されている水平対向型エンジンのボクサーエンジンを採用している抜群の足周りだけではなく、十分な居住スペースの大幅なサイズアップと、今回のモデルチェンジで大幅な改良点が見受けられます。

ホイールベースを拡充していったことで、荷室容量が拡大していき、足元にも十分なスペースを得ていけるようになっています。

加速の良さで街中での走りは勿論のこと、悪路の多い山道であっても柔軟な走りを実現出来るようになってもいます。

インプレッサには柔軟な足回りだけではなく、自動ブレーキを始めとする各種の安全機能が搭載されてもいます。

ドライバーの体調が悪く、走行中に白線を超えてしまったりしないように、緊急時には自動的にブレーキが掛かる仕組みが提供されています。

日常的に車を運転している方は、常にベストなコンデションでの乗車ができるとは限らないものです。

危険を察知し、自動的にブレーキを掛けて自動ブレーキを活用していくことで、日々の運転を快適に変えて行くことが可能になります。

今回のインプレッサのモデルチェンジでは、歩行者保護のエアバッグの搭載も行われてもいます。

対人事故が発生した場合に、最低限の損害で済ませることを歩行者保護エアバッグは実現していきます。

スタイリッシュなフォルムとデザインでありながら、安全を意識した設計により、多くの方に支持されるインプレッサがあれば、日々の走りも楽しくもなっていきます。

今回のサイズアップにより、仕事での荷物の運搬や、アウトドアでの活用荷と幅広い分野での活用も行えるようになってもいます。

主婦の方でも、無理なく駐車を行なって行くことが出来る後退時自動ブレーキも搭載されていますので、日々の車庫入れも無理なくこなしていくことを可能にしていきます。

夜間における視認性を高めていくアイサイトにより、暗闇の中で急に歩行者が飛び出して来たようなタイミングでも、事前に目視で確認ができるようになっていきます。

同様にアイサイトの高性能のカメラにより、白線も綺麗に認識していくことができ、夜間の事故発生を未然に防いで行くことも可能にしてくれる点も、多くの方に好評を得ている理由です。

スバルの長年に渡っての研究の成果により、走りやすさだけではなく、安全性や居住性の向上等、様々な部分に機能の改善を見ることが出来るようになっています。

最新のインプレッサでビジネスでもプライベートでも楽しい走りを実現できます。

スポンサードリンク

インプレッサで気になるタイヤ交換の交換方法

引用:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AD&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja

インプレッサに乗車していて気になるのが、タイヤ交換の時期になった時に自分で交換するか、依頼するかではないでしょうか。

全く分からない方や手間を掛けたくない方は車屋に持ち込んで依頼すると思いますが、工具が揃っていて時間がある方は自分でタイヤ交換しようと思えばできます。

自分一人でインプレッサタイヤの交換をスムーズにするためには、どんな交換方法をすればよいのでしょうか。

まずインプレッサタイヤ交換をするためには必要な道具を揃えないといけません。

ジャッキ・輪留め・ホイールナットレンチ、潤滑錆止めスプレー・マイナスドライバーなどになりまして、その他にも軍手なども用意してください。

交換する前に現在のタイヤの状態を確認すりことも大事ですり減っている状態でスリップしそうなら、すぐに交換しないとだめです。

作業する場所も地面が柔らかい場所だとグラグラと揺れてしまうので水平で固い場所を選ぶ必要があります。

タイヤ交換を始める時に先にタイヤの交換位置を決めまして、摩耗が均一になるように調節しておき、車はサイドブレーキをかけておきます。

最初にすることはホイールカバーを外すのですが、ホイールが傷つかないように布などを当てたマイナスドライバーを使用して隙間に差し込んで梃子の原理で外すだけです。

ジャッキで車体を浮かせまして、ホイールナットレンチでナットを緩めていき、タイヤを外します。

ここでの注意点としましては、ジャッキを適当な部分で使ってしまうと不具合がでる可能性がありますから目印などを見つけて使用してください。

タイヤを外しましたら、外した部分に新しいタイヤをねじ穴にしっかりとはめ込みます。

事前にタイヤのワックススプレーでタイヤの内側に吹いておくと良いでしょう。

それぞれの部分にはめ込みましたら対角線上にナットを少しずつ全体に締めていき、調整していきます。

強く締めすぎると次にタイヤ交換する時に固すぎてしまいますし、ネジ部分がおかしくなることもありますから均等に緩すぎないように締めてください。

全てのタイヤが交換できましたらジャッキを少しずつ緩めて下ろして、最終確認を行ない無事に終了です。

ホイールカバーを取り付ける場合は空気を入れる穴を確認して付けないといけません。

安全性と見た目を考えて、空気圧の確認と滑らないように横の部分のみにワックススプレーで仕上げると綺麗になります。

また次の交換も考えて、タイヤの交換位置やローテションを覚えておくことも大事でしょう。

安全第一での作業を

タイヤを交換する時は指定されたサイズを守ることが重要です。

想定された走行性能を発揮するためでもありますが、アイサイトなどの安全装備においても、タイヤサイズが影響することもあるからです。

また、自分で交換する自信がなければ、購入した店舗に任せるほうが良いでしょう。

全てにおいて、「安全」を念頭に行うこが重要なのです。

 次の記事へ >>>

 

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク