下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


インプレッサがの評価の高さの要因に、室内の広さがあります。

それは特に後部座席の居住性や荷室容量の広さに表れています。

では、その広さを活かして車中泊などは可能なのでしょうか?

スポンサードリンク

■インプレッサの後部座席の広さと乗り心地はどうか?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

新型インプレッサスポーツが、6年ぶりにフルモデルチェンジを経験しての新発売となりました。

長距離を快適に走るためには、後部座席の広さや乗り心地は大変重要な要素となります。

では、新型インプレッサスポーツの後部座席はどんな感じになっているのでしょうか。

新しく発売されたシートカラーはブラックのみとなっていますが、背もたれの縁や座面にはシルバーステッチが施されていたり、シートのサイド部分にはグレーのカラーがワンポイントのアクセントになっているため、実にお洒落な仕上がりになっていると言えます。

素材に関しても、シート中央部分がファブリック素材で、サイド部分はトリコット素材といった具合に、異なる二つの素材が使用されています。

まさに質感の高さを実感できるようなシートになっているのが特徴です。

また、新型インプレッサスポーツの後部座席には別の特徴もあります。

座席の中央部分の背もたれには、引き出して使用することができるドリンクホルダー付きのアームレストが採用されているのです。

そのため、後部に二人が乗る場合は、真ん中のドリンクホルダーを引き出して使用することができ、大変便利です。

さらに、アームレストの高さも十分にあるとともに、しっかりと垂直をキープしてくれるので腕を置いた時にも心地よいフィット感を感じることができます。

気になるインプレッサスポーツの後部座席の座り心地は、良好かつ快適であると言われています。

今回のフルモデルチェンジによって、シートの内部構造に改良が加えられた結果、クッション性が良くなり厚みも増しました。

そのため、シートが若干沈み込んで体をしっかりと支えてくれるような感じになり、長時間座っていても疲れにくくなっています。

背もたれのフィット感も大変良いとの評判です。

インプレッサスポーツの後部座席の広さに関しては何と言えるでしょうか。

実は今回のフルモデルチェンジにより、足元の空間と頭上の空間の広さが注目されています。

実際、先代モデルより広くなったスペースの大部分を、後ろの足元空間を広くするために活用しているとの報告があるのです。

具体的には、先代のものよりも足元空間は約26mmも広くなったと言われています。頭上空間については、背の高いハッチバックという特長を活かして、十分な広さが確保されています。

そのため、まず窮屈に感じることなく、開放感があるというのが特徴となっていると言えるでしょう。

スポンサードリンク

■インプレッサの荷室容量はどの程度か?

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサの荷室要領はモデルチェンジにより大容量化されて来ています。

荷室開口部も広くなり、旧モデル以上に多くの荷物を積載出来る様になっている新型インプレッサは、アウトドアでもビジネスユースでも自由な活用を行なって行くことが可能です。

スポーティなエクステリアに仕上げられている今回のモデルでは、街中は勿論のこと、山道でもスタイリッシュな走りを実現してくれることでしょう。

車内は本革を随所に使用していて、乗る人に高級感を与えてくれる作りになってもいます。

今回のバージョンアップでは、スポーツ仕様も追加され、見た目のフォルムだけではなく、乗り心地もスポーティな雰囲気を醸し出すように変わっています。

一部のモデルでは、自動運転システムも採用されています。高速時の追従走行等をアシストする走行システムの採用により、運転者の負荷を軽減する仕組みが採用された車種です。

スバル独自の水平対向エンジンが採用されているインプレッサの魅力は走行中の安定感と加速の良さになっていきます。

悪路でも快適な足回りで走ることができ、自由なドライビングを実現が可能です。

ポルシェでも採用されているボクスターエンジンは、十分な馬力と加速を与えてくれ、どのような道でも快適な走りを与えてくれるようになっていきます。

今回のインプレッサの改善ポイントで注目すべき点に歩行者保護エアバッグが全車に装備されている点が挙げられるでしょう。

走りの安全性と快適性を追求しているインプレッサでは、歩行者保護エアバッグと同様に、アクティブトルクベクタリング機能により、カーブの際の旋回性能が、今までよりも飛躍的に向上していってもいます。

長くに渡って多くの方に愛用されて来た車種であるにも関わらず、エンジン部品の80パーセントを見直していて、大幅なパワーアップを施してもいます。

新型車種でありながら値引き率も高く、ディーラーでは最大で50万円程度の金額を値引き出来るようにもなっています。

下取り車両がある場合には、より多くの金額の値引きを行なっていくこともでき、少ない予算での購入を行なって行くことが可能です。

休日等で時間的な余裕のある場合には、可能な限り多くのディーラーを回って生き、少しでも条件の良い形式での購入を目指して行くことも大切です。

旧来のエンジンを見直し、スタイリッシュなフォルムと、上質な室内空間を感じる事ができる大人の走りを実現していけます。

スポンサードリンク

■インプレッサでの車中泊について

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサでは快適な車中泊ができるのでしょうか。

長距離のドライブのときなど、ホテルや旅館ではなく車内で快適に眠れるというのはメリットが大きいものです。

費用の面でももちろんそうですし、ホテルや旅館があたりに見当たらないときでも問題はありません。

シャワーやトイレ、さらには食事といった問題はもちろんありますが、道の駅などをうまく活用することである程度は解決可能でしょう。

あとは、本当に快適に眠れるのかどうかということになります。

幸いにもインプレッサの場合、車体の大きさやクルマの構造的にはお世辞にも車中泊のことを考えて設計されたとは言いがたいのは事実でしょうが、試してみると意外なほど快適に過ごすことができます。

リアシートを倒し、トランクスペースと一体化したシートアレンジにすることで、車内後部にかなり広い空間を作ることができるからです。

一応、長さ的には170cmほどですので、平均的な日本人の体格から言っても十分とは言えないかもしれませんが、最低限の寝るためのスペースはあるということができるでしょう。

ただ、完全にフルフラットな空間にはならず、車体前方に向かってやや床が持ち上がっている格好にはなりますが、これは頭を前方に向けて寝る限りはさほど違和感はないかもしれません。

もし完全フルフラットの床でないと寝にくいという場合は、ある程度クッション的なものを敷くことで勾配を緩和するという方策はあります。

実は、長さについても裏技的な解決策があります。それは前席シートを最大限まで前方にずらすことです。

これによって20cmほどは十分に追加の空間を得ることができるのです。

もちろん、生じた追加の空間には床に相当する部分がないので、このままでは寝るための空間として活用することはできません。

そこで、例えばホームセンターなどで売られている大型のエアークッションを間の空間に埋め込むようにして使うという方法があります。

この方法を遣えば、長さ190cm程度のほぼフラットな空間を確保することができ、大人2名が足を伸ばして寝ることができるでしょう。

決してキャンピングカーでも何でもないインプレッサでも、ちょっとしたアレンジによって相当に快適な車中泊を楽しめるということになります。

実際の寝具としては寝袋が最も快適でしょう。使わないときの持ち運びも簡単ですし、夜で外気温が下がったときでも暖かく眠ることができるからです。

■インプレッサは工夫次第で快適に

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサがいくら室内スペースが広いと言っても、ミニバンのようにはいきません。

しかし、工夫すれば意外と快適に過ごせるのは、やはり優れたパッケージングがあるからこそといえます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク