下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


車を決める際には試乗は絶対必要です。

営業マンの千の言葉よりも試乗することによって知ることの方が多いのです。

インプレッサの試乗においてはどんなことを注意したらいいのでしょうか。

スポンサードリンク

インプレッサの試乗レポートで絶賛された乗り心地と操縦安定性

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

スバルインプレッサは5ドアの「スポーツ」と4ドアセダンの「G4」の2タイプのボディが用意されており、カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンに対応する車種として、スバルの基幹車種の役割を担っています。

スバルの国内販売の普通車では最上位セダンのレガシィ、日本国内での展開を主眼に開発されたツーリングワゴンの「LEVORG」そして2018年にフルモデルチェンジされたSUVのフォレスターと魅力的な車種が揃っていますが、インプレッサはコストパフォーマンスに優れ、安全性も最新のシステムが搭載されており、根強いファンが多い車種です。

エンジンは1.6Lと2.0Lの2タイプとなり、それぞれ乗り味にも異なる性格が与えられています。

試乗してみるとその違いが明確となり、数多くの試乗レポートでは特に2.0Lのモデルの軽快感とレスポンスの良さを称賛する記事が多く見られます。

一方で1.6Lは物足りないかというと決してそのようなことはなく、日常使いに置いては不満の感じられない必要十分なパワーで、スマートな街乗り専用として適したエンジンに仕上がっています。

インプレッサスポーツG4は、前者がサスペンションが硬めのスポーツよりのセッティング、後者がセダンらしさの残るコンフォートよりのセッティングとなっています。

最上位モデルは18インチのタイヤが装着されていることもあり、ハンドリングのシャープさが際立ちますが、突き上げ感がある乗り心地はややハードに思う人もいるでしょう。

17インチタイヤのモデルは比較的マイルドであり適度なスポーツ感も残されています。

バランスをとるのなら2.0iLのグレードが万人受けするものと考えられます。

サスペンションは前がストラット式独立懸架、後ろがダブルウィッシュボーン式独立懸架となっていますので、路面の凹凸をしなやかに逃し、室内空間に伝わる振動が適切に遮断されながら安定性も保ってくれます。

20世紀の同クラスの車種では考えられなかった贅沢な足回りとなっていますので、200万円台のCセグメント乗用車としては乗り心地に関しての不満はほぼありません。

1.6モデルと2.0モデルに共通してエンジンにも改良が加えられており、仙台と比較して静粛性の向上や燃費の向上、トルクのアップも実現しています。シャープでスマートな車体を自在に操ることができるエンジンで、スバルの新世代プラットフォームによくマッチしています。

スポンサードリンク

インプレッサの試乗には多くの方が高評価を出しています

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサは、街中でも山中でも快適な走りを実現出来る柔軟な足回りが魅力な車種です。

今回のモデルチェンジにより、従来から定評のある足回りだけではなく、居住性や安全性も大幅に向上をしています。

ポルシェにも搭載されている水平対向型エンジンに代表される足回りの良さだけではなく、大きな荷物を搭載しても問題の無い、広い居住性により、仕事での利用も、プライベートでの利用も自在に使っていくことが出来るようになっていきます。

以前から評価の高かったインプレッサですが、今回のモデルチェンジにより、大幅な機能向上が実現していき、誰でも快適なドライビングが出来るように変わっています。

ネットの比較サイトを参照していくと多くの方の口コミや評判を参照していくことが出来るようになってもいます。

週末を中心に殆どのディーラーで試乗会も開かれ、家族連れを中心に沢山の方が新型のインプレッサへの試乗を楽しんでもいます。

これから試を考える方は、事前にポイントを抑えておくことが重要になってもいきます。

性能が改善された安全性や、居住性を重点的に検討していくのをおすすめします。

今回のモデルチェンジで採用された自動ブレーキなら、ドライバーが体調が悪くなったり、気分を害したりした場合に、自動的にブレーキを掛けてくれるようにもなっていきます。

仕事で長時間乗車するような場合には、日によって体調が悪かったりもするものです。

自動ブレーキは、そういった状態でも、車が白線を超えたりすることが無いように、自動的に車体を制御してくれるものです。

自動ブレーキと同様に、駐車場への車庫入れの場合に衝突事故が生じたりすることが無いように、後退時に自動的に働くブレーキ機能も搭載されています。

主婦の方等は、普段から運転をすることも少ないものでもあることでしょう。

後退時ブレーキ機能を活用していくことで、運転に不慣れな主婦でも不安なく車庫入れを実施していくことが出来るようになっていきます。

試乗を行う際には、改善された安全機能にポイントを絞って行くことも重要です。自動ブレーキだけではなく、夜間走行時の視認性を高めていくアイサイト機能が追加されている点も、今回のモデルチェンジにおける魅力です。

スタイリッシュでありながら、ボクサーエンジンによる柔軟な足回りと、快適なドライビングを約束する安全装置と、新型のインプレッサには多くの魅力が詰まってもいます。

試乗の際には事前に確認するポイントを絞っておきましょう。

スポンサードリンク

インプレッサの試乗をする際のポイント

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサは、スバル独自の水平対抗エンジンを搭載した人気の車種として知られます。

今回のモデルチェンジに於いて、定評のある足回りを中心に多くの部分に改善ポイントが見られるようにもなっています。

スバルのステーションワゴンの中でも、多くの値引きを受ける事ができるインプレッサは、多くのディーラーで試乗を行う事ができるようになっています。

休日等の時間のある時にディーラーに出向く際には、事前に試乗する際のポイントを検討していき、出向くように心がけておきましょう。

ポルシェにも搭載されるボクサーエンジンは、街中でも山中でも抜群の足回りの良さを提供していきます。

試乗を考える方は、足回りを中心に考えがちでもありますが、今回のモデルチェンジでは、足回りは勿論のこと、安全性や居住性の部分も改善されていますので、試乗の際に確認しておくのも良いでしょう。

今回採用された安全ポイントには、走行中や駐車場への車庫入れをスムースに行う事ができる自動制御機能が挙げられます。

走行中にドライバーの気分が悪くなったり、体調に異変が生じたような場合でも、インプレッサ自走ブレーキ機能が動作していき、白線を超えることを防いでいくようになります。

仕事等で長時間に渡って乗車する方の場合は、常にベストなコンディションで乗車出来るとは限らないでしょう。

インプレッサの自動ブレーキ機能を活用していくことで、いつでも不安の無いドライビングを実現出来るようになっていきます。

自走ブレーキと同様に、駐車場に車庫入れする際の問題を未然に防いで行く後退時ブレーキ機能も今回のモデルチェンジの注目すべきポイントになっています。

運転が不慣れな方でも、出かけた先の駐車場への入庫をスムーズに行って行くことを可能にしていきますので、常に不安なく運転をできるようになっていきます。

スタイリッシュなフォルムで人気のインプレッサは、見た目だけでは無く、抜群の居住性と足回りを実現していきます。

休日等に家族で出かける際には、大人4人が乗車してもゆったりと過ごせる居住性の良さを確認していくのも良いでしょう。

スバル独自の技術により、長くに渡って人気を誇っていた車種ですが、今までの実績を踏まえた上で大幅な機能向上も実現しています。

街中でも、山中でも快適な走行を実現出来る魅力的な足回りと安全機能により、走りの楽しさを実感出来るようになっていくことでしょう。事前にポイントを抑えて試乗に伺いましょう。

インプレッサの試乗をする際のポイント

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/movie.html

新車を購入する前の試乗をめんどくさがる人もいます。

乗ってもわからないからと、試乗を進められても断ってしまう人もいます。

でも、大事な愛車になるかもしれないのですから、一度も走らずに決めるのは得策ではありません。

ぜひ、試乗をしてみましょう。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク