下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


車の印象はボディカラーひとつで大きくかわります。

かつて、ボディカラーの人気でヒットした車種もあったくらいです。

では、インプレッサはどうでしょうか?

どんなボディカラーが人気なのでしょうか?

スポンサードリンク

スバル・インプレッサの色見本から選ぶ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety3.html

スバルが目指したのは小手先の改善ではなく、骨格からの刷新。

「乗る人すべてに、最高の安心と愉しさを」という思いを込め次世代多スバルの骨格である「スバルグローバルプラットフォーム」を造り出しました。

クラスという概念を超えて新しい感動を届けたいというコンセプトをまず「新型インプレッサ」に採用しました。

まず第一は「安全性」の追求です。従来車に対して1.4倍の衝突エネルギーにも対応できるように改良し、事故時に車内だけでなく歩行者を守るための「歩行者保護エアバック」を全車に標準装備しました。

これにより歩行者が頭部にうけるダメージを軽減することを期待されています。

アイサイトはカメラの視野角、視認距離を約40%拡大し、カラー画像でブレーキランプも認識することができます。

そのほか、AT誤発信誤高進抑制制御で誤操作による急な飛び出しを防いだり、蛇行や車線の逸脱、先行車の発信に気づかずに停止しているときに警報&お知らせ機能で注意喚起を促します。

このほかにも様々な安全にたいしての機能が装備されています。

デザイン性も優れ乗る人すべてが快適な乗り心地を実現しています。

グレードは、先進の安全テクノロジーと充実装備を備えたスタンダードモデルの1.6i-L、2.0ℓ直噴エンジン搭載の上級装備を満載したハイクオリティモデル2.0i-L、所有する悦びと走りの愉しさを深めた、最上位のスポーティモデル2.0i-Sの3タイプになります。

公式ホームページのグレード・価格のページにてそれぞれのグレードにおける車体の色見本を確認することができます。1用意されているのはクリスタルホワイト・パールアイスシルバーメタリックダークグレー・メタリッククリスタルブラック・シリカピュアレッドダークブルー・パールクオーツブルー・パールです。

このうち、クリスタルホワイト・パールのみオプションの価格が適応になります。そのほかは価格アップはありません。

それぞれの車種の下に色見本バーがありますので、気になる色をクリックすれば車全体がその色に変わります。ズームアウト、ズームインバーで好きな視点から見ることができます。

またページ上部には背景なし、海辺、街中、建物近く、夜間から背景を選べるボタンもありますので様々なシーンでどんな色味になるのかを確認することができます。画面をドラックして動かすことで360度自由にスタイリングを見ることも可能です。

スポンサードリンク

7色のインプレッサの人気のカラー

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

インプレッサはファミリー層をはじめとする老若男女問わずあらゆる世代に高評価のある車種です。

いちばん人気のあるカラーはクリスタルホワイトパールで定番とされていて文句なしのいちばんの高評価です。

クリスタルホワイトパールはその清潔感や上品さから高級感を演出するものとして高い評価を受けています。

特別塗装であることや輝きのあるホワイトカラーでだれが運転しても似合う色です。

真っ白で洗練されたパール感に魅了される白としていちばん人気のある色です。ソリッドなホワイトで角度や光の加減でクリーム色のに見えることや青みがかったホワイトにも見えるのが特徴的と言えます。

次に支持を受けているのはクリスタルブラックシリカですボディ全体が引き締まった印象を受けると特に男性からの人気が高いです。

鮮やかなブラックがベースにあることや特殊な新素材が使用されており深みのあるカラーですクリスタルブラックシリカはソリッドに近いテイストで重みを感じる重厚感を感じさせるようなブラックと言えます。

3ばん目に人気のあるのはアイスシルバーメタリックです。ブルーがかったシルバーのような色が良いとして人気があり、光の集まる箇所が分散されることで立体的が感じられるものです。

角度によってブルーが強くなったりすることで表情豊かなラーです。その次の4ばん目はダークブルーパールです。

ブルーのなかでもかなり暗い色調を持っていてブルーというよりはブラックに近いものがあります。

スタイリッシュなボディカラーとして評価され夜に走るとブラックにも見えることから夜のドライブに適していると言えます。

4ばん目はダークブルーパールの次の5ばん目にはダークレーメタリックでブラックに非常に近いグレーという特徴があります。

ダークグレーメタリックはブラックに非常に近いという特徴を生かして夜に走行することで格好良さや渋さをより引き立たせることができると支持されているものです。

その次の6ばん目にはクォーツブルパールで夜間の走行よりも昼間の走行の方が適しています。

ダークの濃い系統の色よりも水色の方を好むドライバーにおすすめです。

ダークの濃い系統の色よりも汚れや傷が目立たないという特徴などもあります。

そしてインプレッサの7位にはピュアレッドでインプレッサのなかでは唯一の赤系統ですがきれいな鮮明な赤でアグレッシブな雰囲気に加えて汚れや傷が目立ちにくいという特徴があります。

スポンサードリンク

新車で購入したインプレッサの手入れをしたい内容

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

新車でインプレッサを購入された方は、長く乗り続けることを期待していることも珍しいことではありません。

特に国産車の場合、耐久性が優れていると海外でも評価されているように、インプレッサも高耐久を実現しています。

しかし、長期間にわたって綺麗な状態で不具合が起きない状態で乗り続けることを考えた場合、一定のお手入れを行うことが必要です。新車で購入した場合では、直ぐにボディのコーティングを行うことも一つの方法です。

以前はワックスなどを使って手入れをすることがメインとして行われてきましたが、現在ではコーティングする技術が普及をしています。

用いるコーティング剤により違いはありますが、1度の施工で数年間もの効果を発揮させることができるものがあり、汚れを殆ど寄せ付けることがありません。

小まめに洗車をしてワックスを掛ける手間を大きく省くことができる他に、ボディの輝きを長く保てるメリットを感じることができます。

特にガレージではなく屋外に駐車させている場合では、人気の手入れ方法として利用されるようになりました。

コーティングを施工しても泥道を走行させた際には、一定の汚れはボディに付着してしまいます。

また、砂浜や海岸付近を走行させた場合、雪国で融雪剤を散布している道を走行させた場合では、そのまま放置してしまうとボディや足回り、シャーシ部分が腐食してしまうことも目立ちます。

このような場面では、高圧洗浄機などを用いて小まめに洗車することが基本です。

オイル交換も大切な手入れです。インプレッサのエンジンは高性能ですが、それ故に大切に取り扱うことが必要です。

エンジンオイルはエンジンの潤滑油として使われるものですが、鉄粉や異物などがエンジンに混入してしまうことを防ぐ役割もあります。

そのため、一定距離の走行毎に適切にエンジンオイル、2回に1度はフィルターも交換する方法で長くエンジンを良好な状態に保てます。

車内においても手入れが推奨されている内容があります。

足もとに土汚れが沢山溜まってしまっている状態や、シートに汚れが付着している場合では、掃除機を利用して綺麗にしたり、視界を良好に保つためにガラスの掃除も行うことも肝心です。

基本的な作業を行っているインプレッサの場合では、数年間が経過しても新車のような状態を維持できることが多いので、長く乗ることを希望しているのであれば面倒がらずにメンテナンスを随時行って、最適なコンディションに保つことが欠かせません。

インプレッサボディーカラーまとめ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

車を購入する際に、一番楽しいのはどんなボディカラーにするかを考えている時ではないでしょうか。

それはまるで、旅行の計画を立てている時に似ています。

そして、そのボディの美しさを維持するためのメンテナンスも、楽しい時間となります。


あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク