下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


車にとって車内は大切な空間です。

外装は乗る時と降りた後に目に入るくらいですが、内装は運転している間は常に目に入ってくるため、非常に重要であるのに、あまり気にせず選んでしまう場合も多いのです。

快適にすごせる内装とはどのようなものなのでしょうか。

スポンサードリンク

インプレッサは内寸も広く大きな荷物も積載できます

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサは、スポーティなスタイリングで人気の車種です。多くの方が支持をしているインプレッサは、今回のモデルチェンジにより多くの箇所に改良点が見られます。

内寸の面でも大きく変更を見られるようになり、仕事での使用やプライベートでの利用の面でも満足のいく利用ができるようになっています。

スバル独自のボクサーエンジンの足回りの良さは、街中でも山道でも快適な走りを実現出来るようになっていきます。

以前から好評だったインプレッサは、今回のモデルチェンジにより、安全面を中心に多くの機能が向上されています。

ドライバーが常に安全な運転を行なって行くことが出来るように、自動ブレーキが搭載され、走行中に白線を超えて対向車に衝突するような事態が発生していくことを未然に防いでいきます。

日常的に長時間に渡って運転していく必要のある方の場合は、常に万全な体調を誇っているとは限らないものでしょう。

自動ブレーキによる自動制御により、自分の体調に異変が生じたような場合でも、不安なく運転を続けることが出来るようになり、快適なドライビングを実現出来るようになります。

ポルシェにも搭載されているボクサーエンジンは、街中でも山道でも快適な走りを実現してくれます。

カーブの多い山道でも自在なハンドリングをこなしていくことが出来、気分の良い走りを実現出来るようになります。

今回のモデルチェンジで強化されたブレーキ機能派、自動ブレーキだけではなく、駐車場に入庫する際の後退時ブレーキも強化されています。

主婦の方のように、普段から運転をしていない方の場合には、ショッピングパーク等に出かけて行く際に駐車場に車庫入れすることに不安を感じる方も多いでしょう。

後退時自動ブレーキを活用していくことで、運転に不慣れな方でも不安なく車庫入れを行なっていけます。

安全な走りを提供してくれるインプレッサは、オプションのパーツも充実をしています。

自分なりなスタイリングで運転をしていくことで、仕事でもプライベートでも充実したドライビングを実現出来るようになってもいくものです。

多くのディーラーでは、週末を中心に試乗会を開いてもいます。気に入ったディーラーへ家族で出かけることで、実際にどの程度の内寸を誇っているかを実感していくのが良いでしょう。

アウトドアでスポーツをする方でも、仕事で多くの荷物の積載をする方にも、インプレッサの内寸なら問題も無いことでしょう。

スポンサードリンク

インプレッサの魅力が引き立つ内装色

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

ボディカラーが話題に上るインプレッサですが、内装色にも見逃せないポイントがあります。

内装はドライバーや同乗者が身近に接する部分なので、抵抗感なく受け入れられたり、車の魅力を引き立ててくれる色が望まれます。

標準色はブラック系と無難ですが、全体的につや消しで余計な光沢がありませんから、インプレッサの車内が引き締まって見えます。

個性を重視して内装色を選んだり、奇抜さに惹かれる人には向かないでしょうが、車本来の良さが引き立つという意味では悪くない選択です。

ブラックといっても、シルバーのアクセントがところどころにあるので、単調にならずおしゃれな印象さえ与えます。

年式やグレードによってはカーボンが使われていて、これもまたスポーティーさや、洗練されたイメージを強調しています。

ブラックでつや消しだと、プラスチック感が強く出過ぎてしまうこともありますが、このようにアクセントを加える工夫のおかげで安っぽさが回避できています。

ステアリング周りは、機能の配置とメーカーロゴもおしゃれですし、ブラック系でも微妙に異なる色を採用しているので、むしろ格好良さが引き立ちます。

インプレッサでは、モデルチェンジごとに内装色の見直しを行っていて、ボディデザインの変更ほどではありませんが、少しずつ進化を続けています。

特に改良が加えられているのはアクセントの部分で、シルバー以外の色を用いたり、カーボン以外の加飾も検討されているといえるでしょう。

しかし、インプレッサにおいて内装色はあくまでも車の一部分ですから、役割や目的の枠を超えない範囲内で変更が加えられる傾向です。

配色が強烈だとインパクトは大きい代わりに飽きやすいですし、長時間運転するとなると疲れる恐れが強まります。

インプレッサは楽しい走りと実用性を重視していますから、内装色に力を入れ過ぎるのは間違っている、そういった考え方が根強くあります。

勿論、地味に感じられるという意見もありますが、この控えめなところが車の魅力を引き出していると言っても過言ではないです。

もし派手さを重視の内装を採用していたとしたら、ここまで長く愛され続ける車にはならなかった可能性があります。

控えめな配色を行うことで、絶妙なバランスを保っていると思われますから、そのように考えると納得できるところです。

無難な配色を用いているのは、車をドライバー好みに染め上げたり、カスタマイズの余地があることを意味するので、決してネガティブな要素ではないでしょう。

スポンサードリンク

内装改造でインプレッサのイメージチェンジ

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

デザインが完成されていて、最新世代では洗練さも感じさせるインプレッサですが、内装に関してはやや物足りなさがあるといえます。

内装に使われている素材の変更や、設計の見直しで改善されてはいますが、それでもまだ何か足りない印象を与えます。

考えられる原因としては、意図的に派手さを排除していたり、繰り返し乗ることで良さが分かるといった、設計思想に該当する部分でしょう。

少しストイックな部分がありますから、インプレッサ内装が現在のような形で落ち着いているのは、ある意味でやむを得ない結果だと思われます。

しかし、毎日のように乗っている人達からすると、この控えめな内装は何かと気になるところです。

それ故に我慢が求められますし、我慢できずに内装改造に走る人も少なくないです。

何処まで改造するかは人によりますが、徹底的に好みに変えたい人は、元の内装を忘れてしまうほどに手を加えていたりします。

今では専用のデコレーションアイテムが登場していて、人気度の高いインプレッサであれば、数あるアイテムの中から自由に選べます。

ただ、いきなりデコレーションアイテムはハードルが高いですし、価格もそれなりにするので初心者には早いでしょう。

最初は汎用品のカッティングシートを購入して、貼りやすい部分から試してみるのが簡単なのでおすすめです。

木目調や本革調だけでなく、質感を大きく変えるカーボン調のシートもあるので、好みにあったデコレーションが楽しめます。

幅広い面積に貼ることでインプレッサの印象が大幅に変わりますし、小範囲で部分的に貼るのも面白いものです。

カッティングシートは一番手軽な内装改造ですから、中級者や上級者の間でも楽しまれています。

初心者は失敗してもおかしくないので、カッティングシートを多めに購入したり、練習してから本番に挑戦するのが無難です。

怪我やカッターの傷に注意しつつ、手のひらに収まる平らな狭い範囲から挑戦してみるのがポイントです。

内装改造が楽しくてはまったら、好みのステアリングやシフトレバーに交換するのも一つの手でしょう。

費用は決して手頃ではありませんが、現実的な価格で魅力的な商品も多いので、内装改造ついでに検討してみる価値があります。

もっと手の込んだ内装改造をするなら、LEDを埋め込んでアクセント付けやドレスアップをしたり、メーターの交換や追加などが選択肢となります。

簡単な方法でもインプレッサの印象は変えられますし、どのやり方でも好み通りの改造が実現するので、予算や希望に合わせて改造を楽しむことができます。

インプレッサ本来の良さを忘れずに

引用:https://www.media.subaru-global.com/ja/

インプレッサの室内の広さは、同クラスの国産車の中では群を抜いて広く快適です。

また、内装においては、飽きの来ない落ち着いたイメージなのでストレスを感じることはありません。

あとは自分に合ったアイテムでコーディネイトするだけですが、オリジナルの良さを残すのが重要であり、センスの見せ所となるでしょう。

 

▲▲おすすめ記事▲▲
→【スバル・インプレッサ】人気カラーは何色でしょう?色見本を参考に!
→【スバル・インプレッサ】後部座席の荷室容量や車中泊について
→【スバル・インプレッサ】試乗した場合の試乗評価はどうか?
→【スバル・インプレッサ】値引き相場についてはどうか?限度額はどのくらい?
→【スバル・インプレッサ】改造パーツやカスタムのエアロパーツの詳細

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク