下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


大切なスバル・インプレッサに長く乗りたいと思う方も多いでしょう。

しかし、長く乗るためには、メンテナンスの1つであるオイル交換は重要な物になってきます。

そこで、スバル・インプレッサの適したオイル交換時期やオイルの種類などについて、徹底解明致します!

スポンサードリンク

長く乗りたいインプレッサのエンジン不調に備えてオイル交換を小まめに行うことは必須です

インプレッサを好んで乗っている方の中には、できるだけ長く乗り続けることを希望することも珍しいことではありません。

長く乗るにはそれなりのメンテナンスが必要とされており、この点については他の自動車でも違いはなく、必ず行いたい行動というものも出てきます。

ボディについては放置してしまうと塗料が劣化を起こしてしまうので、洗車をした後にはワックスを利用したり、コーティング剤を利用することも広く行われています。

一方でインプレッサの心臓部に相当するエンジンについても小まめなメンテナンスを必要としています。

整備士ではない限り、エンジンを分解するような作業はできませんが、最も基本的な作業内容にはオイル交換を挙げることができます。

何も対処せずに乗り続けてしまうと、エンジン不調の状態に陥ってしまいます

エンジンオイルは潤滑油として使われている他に、余計な熱を逃がす役割りや異物をエンジン内に混入させない役割もあります。

インプレッサのオイル交換については、メーカーが推奨している内容があり、1年間、若しくは1万キロ走行毎に行うことが前提です。

しかし、エンジン不調を起こさずにより一層良い環境にするには、メーカー側も5千キロ毎に交換すること、若しくは半年毎に交換することも推奨されています。

一般的にはオイル交換をする際には、2回に1度のタイミングでエレメントも交換することが基本です。

5千キロ毎に交換している場合では、2回に1度の交換が基本ですが、1年ごとに交換しているというケースでは毎回エレメントも交換することが良い方法です。

実際のタイミングについては所有されている方の乗り方によっても大きな違いがあります。

例えば峠道などを頻繁に走行させており、尚且つスポーツ走行的な走りを満喫しているような事例では、もっと早期に3千キロ毎に交換することも大切なことです。

静かな走行を行っている場合では該当しませんが、エンジンの回転数が高い走行を繰り返している場合では、できるだけ早いタイミングで交換することが基本です。

メーカーの純正オイルを使うことが前提になりますが、インプレッサに対応しているエンジンオイルも他社から販売されていることも実情です。

そのため、交換する際には信頼できるショップで尚且つ品質の高いオイルを提供している場所で交換することで、大切にしているインプレッサを長持ちさせることができます。

エンジン不調の対策には欠かせない作業になるので、小まめにチェックしたい内容です。

スポンサードリンク

インプレッサ2.0Lのオイル量とオイル粘度について

現行のインプレッサは1.6Lと2.0Lのエンジンが選べますが、ここでは2.0Lエンジンのオイル量とオイル粘度についてみてみましょう。

エンジンオイルは、基本的に走行距離が3000kmから5000kmで交換するようです。

エンジンオイル自体は高級なものでなくても、オイル交換を早めにすることで問題ないと言われています。

しかし、インプレッサのようなスポーツ性の強い車では、スバル純正あるいは有名なメーカーのオイルにした方が良いでしょう。

また、オイルフィルターの交換は、走行距離1万km位を目安にするとエンジンにやさしいようです。

インプレッサのオイル量は、2.0Lエンジンの場合4.8Lと規定されています。

一般的なオイルは4L缶で販売されていますので、交換には2缶あるいは1缶と前回の余りが必要でしょう。

オイル交換はオイルが温まっている方がやりやすいですから、季節にもよりますが少しエンジンをかけておいてからします

そして、エンジンを止めて、上部のキャップを緩めておきます。

オイルを抜く時には、ジャッキアップしても良いですし、車の下に潜り込めるなら、そのままでもできます。

オイル受けを用意して、下部にあるドレンボルトを緩め、古いオイルを抜きます。

オイルを抜いた後は、ドレンボルトを締めて、上部のオイルキャップを外して、そこから新しいものを入れるだけです。

注意点は、4.8Lを1度に入れないで、まず4L程度入れてから、レベルゲージで確認しながら残りを追加します。

オイル粘度は、缶の5W-30等の表示を見て判断します。

左側の数字プラスWは低温時の粘度を表していて、右側が高温時の粘度です。

いずれも数字の値が小さいほど低粘度、数字が大きくなるほど高粘度になります。

左側の5Wですと外気温がマイナス25度までエンジンが始動できるそうで、これが10Wですとマイナス20度までとなるそうです。

一方右の数字はオイルが高温になった時の粘度ですから、ある程度大きい30から40位を選ぶと良いようです。

すなわち5W-30あるいは5W-40あたりを選択すると、余程厳しい気候の地域でない限り1年中使えます。

それから、エンジンオイルには、化学合成油と部分合成油、それから鉱物油があります。

この中で化学合成油が1番性能が良いと言われています。

よってスポーツ性の強いインプレッサのような車には、化学合成油がおすすめです。

なお、性能の落ちる鉱物油でも交換時期を短めにすれば問題ないと言われています。

スポンサードリンク

インプレッサでも欠かせないオイル交換のタイミングや掛かる費用の情報

スバル自動車が開発しているインプレッサはスポーティーながら洗練されたボディスタイルで人気を集めています。

エンジンは水平対向というスバル独特の仕様に施されており、一般的な直列式よりも複雑な構造が特徴です。

エンジン性能を十分に引き出すには、常にエンジン周辺のメンテナンスを行うことも欠かせません

一般的なユーザーが気にするメンテナンスの代表的なものではオイル交換を挙げることができます。

エンジンは金属パーツで構成されているので、エンジンオイルは余計な摩擦を防ぐための潤滑油になり、長く乗ることを考えた場合は欠かせない作業です。

インプレッサのスポーツタイプではオイル交換をする際には4リッターを超える量が必要とされており、特にエレメントを同時に交換するようであれば、沢山のオイルの量が求められています。

そのため、カー用品店やホームセンターで販売されている4リッターのオイル缶では不足してしまうことがあるので、交換する際にはディーラーを使う方法が最適です。

ディーラーではインプレッサの純正オイルというものを用意していて、交換費用は約8千円から1万円程度です。

ディーラーは定期的に半額キャンペーンを実施しているので、このタイミングで交換するとお得です。

経費を削減したいと考えているユーザーの方であれば、普通のガソリンスタンドやカー用品店でも粘度や硬度が適合しているものを選べば費用を約5千円から6千円程度に下げることも十分に可能です。

インプレッサのオイル交換はメーカーが推奨しているタイミングは1年毎です。

走行距離数は1万キロごととも言われていますが、エンジンを守る上ではもっと早いタイミングで交換することも良い方法です。

例えば5千キロ走行ごとに交換したり、半年に1度のタイミングと考えることが一般的でもあります。

多くの方がこの範囲のタイミングでオイル交換を行っているものですが、過酷な走行を繰り返しているようなユーザーの方ならば、さらに早いタイミングで3千キロごとに交換することでエンジンを保護することができます。

エレメントについては純正品を利用することも前提ですが、より一層効果的な社外品が販売されており、金属の破片などを吸収できるタイプもあるので、オイル交換を行う際には、細かなパーツをチェックした上で最適な方法で交換することが欠かせません。

シビアなエンジンでもあるので、ある程度の費用は掛かっても、タイミングを守って交換することが大切です。

次の記事へ >>>

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク