下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スバル・インプレッサが欲しい!と思ったそこのあなた。

しかし、一括で購入することが出来る額ではないですよね…。

そこで、ローンを組む場合や話題の残クレなどについて、お話していきます。

スポンサードリンク

インプレッサをローンを組んで購入する場合の手続きの流れと必要書類

SUBARUのインプレッサを購入する場合、大半の人は購入代金の全部もしくは一部をローンで賄うようにすることでしょう。

ただし、ローンを組むためには、申込先が金融機関であるにしろカーディーラーであるにしろ、所定の手続きをふまなければなりません。

カーディーラーで新車のインプレッサを買う場合は、SUBARU系列の金融会社が提供しているカークレジットの利用をすすめられることが多いです。

もし、これを利用する場合は購入手続きをする際に一緒に申し込みます。

申込書などの必要書類はすべてディーラー側で用意してもらうことができ、金融会社とのやり取りもディーラー側のスタッフですべて行われるため、購入者はスタッフの指示にしたがって申込書に必要事項を記入し、提出するだけでやるべきことは終了です。

信用情報に問題がなければ、少し待てば審査が完了してローン契約をすることができるようになるでしょう。

なお、ディーラーローンの申込書には収入を記入する欄がありますが、ここには税金や保険料などが差し引かれる前の金額を記入する必要があります。

金額を把握していない場合は、源泉徴収票の「支払金額」と書かれている部分を確認しておきましょう。

一方、金融機関の自動車ローンを利用してインプレッサを購入する場合は、まず金融機関の公式Webサイトで事前審査を受けます。

このとき融資可能と判断されたら本審査を受けることができるので、必要となる書類を用意して指定された方法で提出します。

本審査も無事に通過できたら、あとは契約をすれば手続きが完了となり、融資額が購入先の販売店が保有する口座へと振り込まれます。

その後すぐに金融機関への支払いが始まるので、計画的に返済していきましょう。

金融機関から融資を受ける場合に用意しなければならないものは大きく、本人確認書類、資金使途証明書類、収入証明書類の3つに分けられます。

このうち重要なのは当然のことながら資金使途証明書類で、自動車の購入代金がわかるもののうち、氏名や金額、振込先金融機関などの情報が書かれているもの、具体的には見積書や発注書を提出します。

そのほかの2種類の書類は、他の金融商品に申し込むときと一緒なので、利用できそうなものを選んで提出すると良いでしょう。

なお、最寄りに金融機関の店舗か自動契約コーナーがある場合は、必要書類を携えてそちらで手続きをとるとスムーズに事を運ぶことができる場合があります。

スポンサードリンク

インプレッサを購入するなら残価設定型クレジットを利用するのがおすすめ

SUBARUのインプレッサを新車で購入する場合、最も安いグレードであっても200万円程度の費用がかかります。

一般の人は、これほどの費用を一括で支払えるだけの現金を揃えるのは大変なので、大抵は銀行やSUBARUの車両を取り扱っている販売店で自動車ローンを組んで購入します。

ローンの組み方には様々な方法がありますが、SUBARUではグループ傘下の販売金融会社が提供している残価設定型クレジットの利用をすすめています。

一般的な自動車ローンでは、数回から数十回に分けて購入代金に金利手数料を加えた金額を支払っていきます。

残価設定型クレジットもこの基本的な仕組みは一緒ですが、1回あたりの支払金額は通常のローンより少なくなります

これは、契約期間が終了した時点で所有車を下取りに出した場合の価値を残価として設定し、その分を本来購入者が支払うべき金額から差し引いているためです。

また、SUBARUの残価設定型クレジットでは、特典としてバンパーやドアミラーに生じた損傷と、ドアパンチの被害を受けたときの損害を契約から3年が経過するまでは無償もしくは極めて安い料金で修理を受けられるサービスを利用できます。

通常はこのようなサービスはお金を支払わないと適用できませんが、このクレジットの利用者については無料で補償を受けられます。

この点もSUBARUが加入をすすめている理由の一つです。

1回あたりの支払金額が少ないと、その分家計への負担が減ることから、残価設定型クレジットはかなり魅力的に感じられるでしょう。

しかし、このクレジットを選択する場合にはいくつか注意しなければならないことがあります。

まず、残価設定型では最終回の支払い時に車両をどうするかを決めなければなりません。

SUBARUのこのカークレジットでは、別の車両に乗り換えるか、車両を返却するか、残価を一括払いするか分割払いにして所有を継続するかのいずれかの中から選ぶことになります。

乗り換えか返却を選ぶ場合はさらに、引き取り条件がついている点にも注意が必要です。

このクレジットでは契約時に特約がついており、修理歴や機能損傷がなく、無茶な使用や違法改造を一切行っておらず、走行距離や査定減価額が一定以下であり、法令やSUBARUで定めている点検整備をきちんと受けていれば、ユーザーが1円も負担することなく車両が引き取られますが、一つでも満たしていない項目がある場合は返却時にお金を支払わなければなりません。

このプランを選んでインプレッサを買う場合は、常識的な範囲で使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

インプレッサの維持費は国産車の中では標準的なレベル

現行モデルのスバルインプレッサは、日本での区分では普通乗用車(3ナンバー)となります。

軽乗用車・小型乗用車・普通乗用車とで自動車税に大きな違いがあった時代が長かったために3ナンバー車は税金などの維持費が高いというイメージを持っている人もいますが、現在の税制は単純に排気量での区分となっています。

そのために全幅1,700mmを超えて普通車の範囲になった3ナンバーのコンパクトカーが多い現在は、1年間の自動車税は同じ排気量のコンパクトカーと金額は変わりませんので安心です。

維持費の中でも毎年支払う必要のある自動車税額は、インプレッサのエンジン排気量が1,599ccと1,995ccの2種類ですので、39,500円となります。

維持費には、走行に必要な部品や油脂類も挙げられます。

中でもタイヤは安全性に直結しますので気になるところでしょう。

インプレッサの指定のタイヤサイズはグレードによって異なります

上級グレードの2.0i-S/EyeSightが18インチのタイヤ(225/40R18)、次いで2.0i-L/EyeSightが17インチ(205/50R17)となっています。

このサイズは同じCセグメントの車種ではかなり大径のタイヤとなりますので、購入価格は高くなる傾向にあります。

冬道を運転される方はスタッドレスタイヤを購入する必要もありますので、タイヤサイズが大きなグレードを購入すると、タイヤ交換に関する費用はやや負担が大きくなります。

一方でスタンダードなグレードであればタイヤサイズは16インチ(205/55R16)となりますので、比較的リーズナブルな価格でも購入できることとなります。

頻繁にタイヤを交換する必要がある冬道運転主体の方は、1.6リットルのモデルを選んでタイヤ交換の維持費を節約することも考えられます。

その他のまとめ

その他、任意保険料金なども考慮する必要があります。

インプレッサは先進安全装備が充実していますので、任意保険会社の商品によっては、先進安全装備搭載車割引などの特典が受けられる場合があり、保険料が割安となります。

詳細は各自動車保険会社に相談してみると良いでしょう。

また全高が低く横幅も1,800mm以下ですので、多くの立体駐車場に入庫でき、選択肢も多くなります。

駐車場選びにはあまり困ることがないサイズ感ですので割安な場所を選びやすいというメリットもあります。

総合的に考えると、インプレッサの維持費は国産車の中では標準的であると言えます。

あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク