下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スバル・インプレッサは、運転が上手な人が乗っているイメージが多いのではないでしょうか?

しかし、実は、安全性に特化した車の1つ!

そのため、運転に不安を持っている方でも乗りやすい車です。

今回は、スバル・インプレッサの安全性について、詳しくお話していきましょう。

スポンサードリンク

インプレッサは運転しやすいのか、それとも運転しにくいのか

インプレッサは新型にモデルチェンジして高い評価を得ていますが、その多くの意見はスタイルという外見的な部分であり、運転性能ついての意見はあまり出ていません。

しかしスバルは「レガシィ」が運転性能では世界的に高い評価を得ていて、その車種を製造するメーカーがインプレッサを製造しているのですから、その性能についても少なからず踏襲されています。

ではその運転する上での評価はどのようになっているのでしょうか。

走行面についてはほとんどのユーザーが満足という回答をしているので運転しやすいと言えます。

それはモデルチェンジして視界が前方に開けるようになったので以前のものよりも見やすくなり、ミラーで後方から来るバイクなどを確認する時にどうしても邪魔になる三角窓もミラーを見るのに妨げにならない位置に設置されているので、運転しやすい設計になっていると意見が多くあります。

またステアリングが小さくなって回しやすくなっているので、体の小さい人や女性にも操作がやりやすいと高評価を得ています。

加速という点でも車を走らせることが好きな人が特に気にしている加速性能が高く、しかもSモードというモードに入ると走り方が通常時と変わってくるため、車を走らせる楽しさを実感できるのは間違いありません。

ただし全ての人がインプレッサの運転性能に満足しているわけではないので、どうしても運転しにくい面もあります。

まず動き出しがスムーズではないと感じているユーザーがいて、オートマチックであれば勝手に動き出しはしますが、そこから本来の走行に移る際に違和感を持つ場合があり、これは個人差があるので何も感じないという人もいますが、滑らかに走り出さないという意見は少なからずあります。

またブレーキ性能を高めたので効きすぎてタイヤがロックしてしまうケースを生じたりステアリングに重さを感じてしまう人もいるようですが、運転しにくいという意見は少ないというのがこのインプレッサの運転に関する評価であると言えるでしょう。

現在のモデルチェンジする車というのは安全性を重視してブレーキの働きを高めてステアリングを重くする傾向にありますが、それによって運転しにくいと感じるのは仕方なく、これは運転者を保護するために大切なことなのでそれで運転がやりにくくなったと考えるのは少し違っているのではないでしょうか。

車は走って人間の移動を助ける大切な乗り物ですが、そこにはただ走りの良さを追求するのではなく運転者を守るのが第一であるので、運転をよくするために安全性を軽視するというのもおかしな話だと言えます。

スポンサードリンク

インプレッサの安全性は自走ブレーキで向上しています

インプレッサの安全性は自走ブレーキで証明されています。

運転中に不測な事態が生じた場合に働く自走ブレーキは、乗る人へ安心感を与えて行くことが出来るものです。

スポーティなフォルムと快適な走りで乗る方を魅了するインプレッサは、随所に快適な走りを実現出来る装備が施されてもいます

ミリ波レーダーと光学式の単眼カメラを装備した新型インプレッサは、低速から高速に至るまでドライバーの安全を確実にサポートしていきます。

自走ブレーキと同時に対人検知機能も加わり、走行中の事故を極限までに防いでいくことを実現しているインプレッサに乗ることで、街中でも山道でも理想的なドライビングを実現していくことを可能にします。

ドライバーの方も、常にベストな状態で運転出来るものでもありません。

走行中に気分が悪くなったりと、何かしらのトラブルが発生した場合でも、インプレッサの自走ブレーキ機能により、運転者に危険が生じて行くこともなく、常に快適なドライビングを実現出来るようになっていきます。

燃費の面でも向上が見られ、より低コストでの走行を実現出来るようになってもいます。

足回りの加速性能も改善し、カーブの多い山道であっても、柔軟なドライビングを実現出来るようになってもいます。

フォルムを含め足回りの性能向上も実現している今回のバージョンアップは、より多くの方を魅了していくことでしょう。

購入にあたっては、正規ディーラーからの買い入れの場合には、最大で30万円程度の大きな値引きも出来るようになり、少ない予算で気軽な購入が出来るようにもなっています

インターネット上の掲示板にも、実際に購入をした方の口コミや評判を多く見受けます。

自分なりに評判を参照していき、予算や目的に応じたオプション装備や、購入先のディーラーを選んで行くことが良いでしょう。

自走ブレーキに代表される高い安全性により、仕事等で長時間乗車する方の安全性は確保されていくようになるものです。

いつでも不安の無いドライビングを実践でき、快適の乗り心地を手軽に得る事ができる車種なのは間違いありません。

殆どのディーラーで試乗会を開催しています。

週末等の空いた時間に試乗をしていくことで、自動的にブレーキが掛かって行くことの安全性を実感出来ることでしょう。

スバル独自の技術をリーズナブルな予算で表現している点が多くの方に支持をされてもいます。

常に快適な走りを実感出来、満足行くドライビングを実感出来ることでしょう。

スポンサードリンク

優れた走行安定性を持つインプレッサ!横滑り防止機能に自信あり

コンパクトカーよりもサイズが大きく、総合的に利便性・経済性に優れ、1.5リッターから2.0リッター程度のエンジンでも小気味よく走るCセグメントカーが近年日本で人気を集めています。

日本の自動車メーカーはもちろん、海外の自動車メーカーも日本市場向けに合わせた車を投入しており、激しい競争の中でそれまで高級志向の車に搭載されていたような技術も、こうした経済性を重視する車にも積極的に投入することで他社との差別化を図りつつ業界全体で進化を続けています。

スバルインプレッサはこのCセグメントカーというカテゴリの中において、特にこうした先進運転テクノロジーに注力し磨きをかけている車です。

スバルは早期から四輪駆動車着目し研究しており、モータースポーツの舞台で磨きノウハウを蓄積させてきた事もあって、昔から四輪駆動に対して強い拘りと自信を持ち、四輪に動力を伝え適切に制御する事であらゆる条件下でも安全に運転できる四輪駆動のメリットを最大限に活かせる車を得意としてきました。

このインプレッサは四輪駆動の恩恵で安定した挙動が特徴ですが、危険回避性能に優れた車体構造であるスバルグローバルプラットフォームと、重心を低くすることが出来るメリットを持つボクサーエンジンの搭載でドライバーの運転に忠実かつ迅速に応答する車に仕上げ、万が一の危険回避運動の際の迅速なハンドルレスポンスを実現しています。

さらに、そうした急激かつ唐突な操作でも車の安定性を損なう事のないよう全車に標準装備としてVDC(ビークルダイナミクスコントロール)と呼ばれる横滑り防止機能をさらに発展させた限界時での車両制御機能を搭載する事で、不安定な挙動に陥る危険を察知するとブレーキやミッションなど車のあらゆる機構をフルに活用しそれをうまく抑え込みつつドライバーをアシストする制御を可能としています。

インプレッサの安全性と信頼性を感じよう!

Cセグメントカーとしてはコストと燃費の関係で弱点になると思われた四輪駆動をあえて採用し、徹底的に安全性とそれを実現するべく運動性と制御機構を持ち合わせたインプレッサにスバルの車づくりに対する拘りと確かな信頼性を感じる事ができ、CセグメントセダンのG4、スポーツハッチバックのSPORT双方とも強い魅力を放つ車だといえるでしょう。

現在では試乗できる環境も整備されてきており、比較的手軽にスバルの先進運転テクノロジーを体感する事が出来ます

是非一度試乗して、車の質感を確かめてみてはいかがでしょうか。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク