下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


「スバル・インプレッサ、かっこいいな…」と憧れている人も多いのではないでしょうか?

しかし、住んでいる場所の駐車場を考えると…サイズ感が心配…。

そんな悩んでいる方にスバル・インプレッサの外寸や駐車場などについて、ご紹介します。

スポンサードリンク

大型化したインプレッサの外寸は世界的な時流の影響

スバルインプレッサは、国産Cセグメント乗用車の中でも車体の大型化が見られるモデルです。

すでにこのセグメントにおいてほとんどのモデルが3ナンバー化していますが、それは全幅が1,700mmを超えていることが理由です。

現在の日本での自動車税は、ナンバープレートの分類番号(5ナンバーや3ナンバー)ではなく、総排気量で課税区分が分けられていることもあり、実質的には3ナンバー(普通乗用車)であっても大きな違いはありません。

国際化が進んでいる現在の状況では、側面衝突性の向上や全体的なまとまり感などで幅の広いデザインが増えてきています。

インプレッサは1992年にデビューした初代がコンパクトな5ナンバーサイズでしたが、2000年発売の2代目はワゴンが5ナンバーサイズでセダンが3ナンバーサイズとなりました。

このときの全幅はワゴン1,695mm、セダンが1,740mmです。全長が4,415mmなので外寸の数値を見るとワイドでショートなボディという現行型のモデルに近づいていきます。

幅の広いことは運転感覚や取り回しの手軽さに影響を与えると考えているユーザーも少なくありませんので、各メーカとも横幅が1,700mmを超えるコンパクトクラスには慎重な姿勢でしたが、21世紀になり安全性や居住性がより求められるようになると、外寸を大きくすることが大きな流れとなりました。

そして2007年に販売された3代目、2011年の4代目で完全に3ナンバーサイズとなり、現行型である5代目のインプレッサは、横幅が1,775mm、全長が4,460mm、全高が1,480mm(セダンのG4は1,445mm)という堂々とした外寸のボディとなっています。

20世紀後半の国産高級車と比較しても、外寸に関してはかなり大きいものとなっていますので、インプレッサにコンパクトカーとしてのイメージを持っている人にとっては違和感があるかもしれませんが、実際はこのような外寸が世界的なCセグメントの標準となっています。

ライバルとなるトヨタカローラスポーツ、ホンダシビックなども同様のサイズ感となっていますので、ボディサイズの大型化は近年の潮流と言えるでしょう。

もちろんインプレッサらしいキビキビとした走りや、特徴的な水平対向4気筒エンジンのサウンドなどの車としての魅力だけではなく、最新の予防安全性能を有しているスバルアイサイトの搭載で、クラストップレベルの安全性を実現している優良な車種であると言えます。

スポンサードリンク

インプレッサは機械駐車場に入るのか

スバルが発売しているインプレッサは、現在ワゴンのSPORTタイプとセダンのG4タイプがありどちらも常時全輪駆動のAWDと2WDのものがあります。

特に安全性能にさまざまな工夫が施されていて運転が苦手な方でも運転しやすく設計されていて老若男女問わず幅広い世代で人気を得ている車です。

アイサイト搭載であらゆるシーンでの運転支援、歩行者保護エアバックの搭載、他にも後退時の自動ブレーキシステムなど他には無い性能が標準装備され、2016年度にはJNCAP予防安全性能評価で最高ランクを、さらに第三者機関による衝突安全性能評価でも最高評価・最高得点で創設以来初の賞を獲得しました。

これらからも分かるようにスバルは安全性能については強いこだわりを見せていて、操作や判断のほとんどを視覚からの情報に頼っているため、ピラー形状の最適化やドアミラーの位置の工夫により全方位で死角を低減するような造り、ステアリングから手を放すことなく操作できるディスプレイ、雨量に合わせて自動的に最適な間隔でワイパーを作動させるオートワイパーやオートライトも標準装備されています。

公表されているG4タイプのサイズは長さ4625×幅1775×高さ1455㎜、スポーツタイプは長さ4460×幅1775×高さ1480㎜となっていてスポーツタイプは長さ高さとも少し高くなっています。

マンションにお住まいで機械駐車場に止めなければならない人はもちろんですが、外出先で機械駐車場に止める機会も最近は増えてきました

機械駐車場のサイズは一般的に全長5000㎜以下、全幅1850㎜以下全高、1550㎜以下です。

これだけ見るとどちらのタイプも機械駐車場には入ると思われますが、付属品を含まないサイズだったりして実際にはエラーが出て駐車場に入らないといったこともあるので注意が必要です。

特にドアミラーは収納しないとエラーになりますのでミラーは常日頃から収納してから駐車するようにしておくことが大切です。

機械駐車場では車両制限が定められていて、車両サイズが少しでも制限を超えてしまうとエラーが出てしまいます。

機械式に表示されている全長や全高は付属品を含まない長さ、高さです。

他にも重量やタイヤ外幅、最低地上高が制限されているところもあります。

車検証には全長、全幅、全高、車両重量までしか記載されていませんので、他の項目については別途確認をしておかなければなりません。

スポンサードリンク

インプレッサには外装を彩る様々なパーツがあります

インプレッサには外装を彩る様々なパーツが販売されています。

スタイリッシュなフォルムで人気のインプレッサは、昔から多くの方が親しんでいます。

流麗なフォルムで人気のインプレッサですが、外装のオプションパーツを設置していくことで、優雅なドライビングを楽しんで行くことも可能です。

スバルの誇るステーションワゴンとして知られるインプレッサですが、今回のモデルチェンジにより、大幅に安全面の機能改善が見られるようにもなっています。

ドライバーの体調が良くない場合に自動的にブレーキが掛かっていく自走式ブレーキが働き、車が白線から超えたり、対向車に衝突するような事態を未然に防ぐことも可能です。

仕事等で日常的に長時間に渡って運転をしていく場合には、日によって気分が優れなかったり、体調が良くない場合もあったりもすることでしょう。

自走式ブレーキを活用していくことで、大きな事故を未然に防いでいいくことが出来る様になり、身の安全を防いで行くことが可能です。

自走式ブレーキと同様に、駐車時に安全な入庫ができるように、後退時の自動ブレーキ機能も搭載されています。

普段から運転をしていない主婦等の場合は、買い物等で出かけた場合に、ショッピングパークの駐車場に入庫するのが難しい場合も珍しくはありません。

後退時自動ブレーキを用いていくことで、運転に不慣れな主婦の方でも安心して見知らぬ駐車場で運転をすることが出来、安全な入庫を進めて行くことが可能です。

インプレッサの豊富なオプションパーツの提供

今回のモデルチェンジにより、多くの安全機能が搭載され、走り本来の楽しみを追求しているだけではなく、豊富なオプションパーツも提供され、自分流のアレンジで走りを楽しんで行くことが可能です。

暗闇でも不安なくドライブを楽しんで行くことが出来るアイサイト等、様々な安全機能も搭載され、常に安全に運転を進めて行くことが出来る点も人気の理由です。

多くのディーラーでは週末を中心に試乗会を行なってもいます。

家族で試乗に伺って行く場合には、事前に確認すべきポイントを把握しておき、出かけるのが良いでしょう。

ポルシェと同じボクサーエンジンを搭載しているインプレッサなら、街中でも山道でも快適なドライビングを楽しんでいくことができ、素敵なドライビングを実施していくことが出来ることでしょう。

自分なりな外装パーツの活用により、オリジナルなスタイリングに変えて行くことが出来る点も楽しみの一つでもあります。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク