下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スバル・インプレッサは、モデルチェンジを繰り返し、進化している車の1つ。

そのモデルチェンジにより、乗車している私たちにどのような利点があるのでしょうか?

インプレッサのモデルチェンジの情報を徹底解明していきます!

スポンサードリンク

インプレッサのモデルチェンジの情報と改善ポイント

インプレッサがモデルチェンジを行い、随所に改善ポイントが見られるようになっています。

多くの情報がネットを中心に掲載されていますが、中でも特筆すべきポイントは、安全性が飛躍的に向上している点です。

スバルの長年の経験とノウハウの蓄積により培われた技術を結集し、随所に安全機能が搭載されています。

今回のモデルチェンジで追加されたインプレッサの自走ブレーキは、走行中にドライバーに異変が生じた場合でも、自動的に制御機能が働き、事故の発生を未然に防いで行くことを可能にしていきます。

日常的に長時間に渡って運転する方には、自走ブレーキのような事故防止機能は身を守るためには大切な機能になってもいくものです。

乗車時の体調の問題等で、運転状態がおかしくなった場合等でも、車が白線を超えるようなことはなく、スムーズな走行を実現出来るようになっていきます。

ポルシェにも搭載されているボクサーエンジンで有名なスバルですが、走りの快適さだけでは無く、安全面でも随所に改善点が見られているのも実状でもあります。

今回の自走ブレーキは、仕事等で乗車する時間が長い方でも、不安なく快適なドライビングを実施していくことを可能にしていきます。

車の走行を快適に行って行くための自走ブレーキを用いていくことで、常に快適なドライビングを実現出来るようになっていきます。

自動的なブレーキ制御機能は、走行時の自動制御だけではなく、駐車場への車庫入れ時にも採用されています。

主婦の方でも安心して車庫入れが出来るように、後退時の自動ブレーキ機能も搭載されています。

車に乗りなれていない主婦の方は、買い物等で出かけた際に駐車場に車庫入れすることに不安を感じてもいくものです。

今回のモデルチェンジで採用された自動ブレーキ機能により、走行中でも、駐車場への車庫入れでも不安がなくなり、常に快適なドライビングを実現していきます。

ブレーキ面の強化だけではなく、夜間の走行中の視認性を高める工夫も施されています

今回、採用されたアイサイトは、夜間の視認性を高める機能になっています。

暗闇を走っていて、急に歩行者が出てきたような場合でも、事前に感知することができ、事故を未然に防ぎます。

足回りの良さで以前から定評の会ったインプレッサですが、今回のモデルチェンジで、大幅に安全面の改善が施されてもいます。

常に快適なドライビングを実現出来る点が多くの方に支持をされています。

スポンサードリンク

インプレッサのモデルチェンジは予想以上に高評価です

インプレッサは、スバル独自の水平対抗エンジンを搭載したステーションワゴンとして多くの方に支持される車種です。

今回のモデルチェンジにより、定評ある足回り以外にも、安全性の面等で大幅な機能向上が実施されています。

事前に多くの予想がされていたのですが、実際にモデルチェンジされたインプレッサには、今までには無い高い安全機能が搭載中です。

ドライバーが運転中に体調が悪くなっても問題の無いように、今回のインプレッサには自走ブレーキ機能が搭載されています。

日常的に長時間に渡って乗車している場合には、常にベストな状態で運転出来ると限りません。

自走ブレーキ機能を活用することで、運転中にドライバーの気分や体調が悪くなった場合でも、自動的に制御機能が働き、車が白線を超えるようなことも無くなり、安全なドライビングを実現可能にします。

今回のモデルチェンジで改善されたポイントには、走行中だけではなく、駐車を行う際の安全機能も追加されています。

主婦の方が買い物に出かける際には、見知らぬ駐車場に車庫入れすることに抵抗を感じる場合も多かったりもするものです。

今回のモデルチェンジで搭載された後退時ブレーキ機能は、運転が不慣れな主婦の方でも、スムーズな車庫入れを可能にしてくれます。

事前の予想では、足回りを中心に改善が見られると言われていたのですが、今回のインプレッサでは、足回りの改善は勿論のこと、居住スペースの向上や、安全性の飛躍的な向上と随所に改良点が見られるようになっています。

仕事でも、プライベートでも長時間に渡って乗車している方は、常に万全な状態で乗車出来るとは限らないのが実状でもあることでしょう。

自動的なブレーキ機能により、自分の体調が優れない状態であっても、不安なく運転を楽しんで行くことが可能になっていきます。

今回のモデルチェンジでインプレッサに搭載された機能に、夜間の視認性を高めて行くアイサイト機能も挙げられます。

暗闇で走行中の場合には、急に歩行者が飛び出して来たりすると慌てるものです。

アイサイトのダブルカメラにより、暗闇の中で急に飛び出して来た歩行者や、白線の状況も事前に察知することが出来るようになり、事故の発生を事前に防ぐ事が可能になっていきます。

ポルシェにも搭載されている水平対向型のボクサーエンジンだけではなく、高い安全性と居住性を兼ね備えた車種として多くの方が支持していくことでしょう。

スポンサードリンク

進化したインプレッサのモデルチェンジと最新モデルの登場時期

1992年に初登場したインプレッサは、フルモデルチェンジとマイナーチェンジを繰り返すことで、5代にも渡ってその名前を受け継ぎ続けています。

初代の発売は1992年11月で、ここから進化の歴史がスタートすることになります。

翌年には多くの要望を受けて、一部の改良とワゴンWRXモデルの追加を行っています。

当時MT車だけだったセダンWRXにAT車も追加され、より隙のない充実を図りました。

1993年にはWRCデビューを果たしていますし、環境対策でエアコンに新冷媒を採り入れるなど、各方面で話題を集めています。

以降も改善や更新は順調で、2000年まで実に8年ものあいだ販売され続けることになります。

2000年に発売された2代目のインプレッサは、ボディデザインを継承しつつ、性能面の進化を達成しています。

2代目で注目されるのは、これまで同様5ナンバーサイズに収まるスポーツワゴンタイプに対して、3ナンバーサイズ化しているセダンタイプです。

サイズ変更の理由は走行時の安定性向上で、ブリスターフェンダーの採用からこのような判断が下されました。

排ガス性能や走りが進化していますが、実は新構造の採用で衝突安全性性能も大きく変わっています。

中でも、剛性の向上と衝撃吸収を目的としたサブフレームが目玉で、各部に補強や改善が加えられます。

WRX後期が販売される時期になると、全国の警察機関で採用され始め、益々知名度が高まり魅力が浸透することとなります。

2代目までのモデルチェンジで、土台や骨格部分の完成度が高まったインプレッサは、3代目で快適性の向上に力を入れ始めます。

第3世代では全モデルが3ナンバーサイズとなり、全体的にボディサイズが拡大しました。

結果的に居住性に余裕が生まれていますし、設計の自由度も高まることで、全面的にブラッシュアップされています。

安全性能の評価は既に最高クラスでしたが、安全性のニーズが高まったこの時期に投入したことで、市場での評価やブランドイメージがより確立される結果となります。

4世代目は事実上の刷新で、フルモデルチェンジによって、印象も乗り心地も大きく変わります。

内装にも力を入れられているので、旧型よりも乗った時の高級感が増しています。

インプレッサ第5世代の先進機能の搭載に注目!

2016年に登場した現行の第5世代は、時代にあった先進機能の搭載で、ハンドリングのしやすさが引き上げられます。

インプレッサらしさを残しつつ、モデルチェンジを経験したり、何度も改良を加えられているので、中身は初代とはまるで別物です。

次のモデルは2019年頃に発表される見込みなので、この時期は特にインプレッサに対する注目が集まります。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク