下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スバル・インプレッサは、日本だけではなく、世界でも人気の車の1つです。

そんな素敵な車の車体や車内の中は、どのようになっているのでしょうか?

今回は、インプレッサの車体や乗り心地などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

インプレッサの大きさは日常使いにもレジャーにもちょうどよい

スバルインプレッサは、スバルの販売しているCセグメントに属する乗用車で、その歴史は1992年の発売まで遡ることができます。

またその源流は往年の名車であるレオーネであり、レオーネの実質的な後継車としてスバルの屋台骨を支える重要なモデルとなっています。

初代のインプレッサが発売された当初は、レガシィよりもひと回り小さく、レオーネよりも一回りボリューム感のある大きさで、全幅は1,690mm・全長が4,340mmの日本の道でも扱いやすいサイズ感でした。

モデルチェンジのスパンは3代目までは比較的長く、初代発売の8年後にあたる2000年に2代目、更にその7年後の2007年に3代目とフルモデルチェンジをしながら進化をしています。

その後2011年に4代目、2016年に現行モデルの6代目にチェンジしており、北米などの海外市場での人気向上に伴って新モデルの投入時期が早くなってきている傾向にあります。

サイズも段階的に引き上げられており、現行の5代目モデルの大きさは、全幅が1,775mm・全長が4,460mmと、初代と比較すると縦横でそれぞれかなりのサイズアップとなりました。

衝突安全基準の改定や、戦略モデルとしてグローバル化が進んだことなど、今では世界中で高い人気を誇る名車としての地位を確立しています。

その一方で、道幅や駐車場の狭い日本の都会での取り回しについては、現行の5代目モデルの大きさが一昔前の高級国産車にも匹敵することもあり、もう少しダウンサイズを求めるという声も聞かれます。

ただしインプレッサが至上命題としている安全性を確保するためには現在の大きさは必要であり、今後のフルモデルチェンジでも大幅なダウンサイジングは予定されていません。

その分インプレッサは「ぶつからない」ということにかなりの高レベルなハイテク技術を満載しており、運転者のサポートを行っています

スバルの衝突防止装置であるアイサイトが搭載され、自動ブレーキや歩行者認識機能、夜間における歩行者の認識レベルも年々向上しています。

先進安全装備の充実が大きな魅力と言えるでしょう。

欧州のCセグメントでは強力なライバルも多いため、インプレッサも走行性能やデザインだけでなく使い勝手にも優れており、優位性を保っています。

シートの居住性やラゲッジスペースの大きさは十分に確保されており、日常生活にもレジャーにも使いやすい魅力的な車に仕上がっています。

スポンサードリンク

インプレッサの乗り心地に影響しているサイズ感

インプレッサは外観で注目を集めやすいですが、ファンの間では乗りやすさに影響するサイズ感も人気です。

全長約4500mmに全幅約1800mmという寸法は、同カテゴリの他の車種に比べるとやや大きめです。

全高は約1500mm程度なので控えめですが、それでもまだ大きいといった意見が少なからずあります。

数字にすると全体的に大きめで、実際の見た目の印象もコンパクトとはいえませんが、しかし数値ほど大きくはないと感じられるのも事実です。

これはインプレッサのデザイン性によるもので、数字の印象並に大きいと身構えていると、案外拍子抜けする結果となります。

勿論、元々はコンパクトカーに分類されていましたから、その時代に比べれば明らかに大きくなったといえるでしょう。

ただ現行の車種や1つ前のモデルにおいても、極端なサイズ感のアップは引き起こされていないです。

それはやはりインプレッサらしい見た目が強く影響していて、ブラッシュアップされているからこそ、巨大な印象を与えずに済んでいます

本当の良さは乗車して内装を見渡すことで、居住空間の絶妙な設計であったり、乗り心地に結び付く視界の広さが分かります。

運転席に座ってみると分かるのは、前部席の周りにはかなりの余裕があって、広々かつゆったりとした座り心地です。

ボディの大きさを最大限に活かした設計なので、居住性に優れストレスが溜まりにくいのが魅力の1つです。

また全高にも余裕がありますから、身長が高い人でも窮屈に感じる恐れは小さいといえます。

何より見やすさ重視の視界が確保されていることから、運転で発生するストレス自体も最小に抑えられます。

サイズ感によって運転しにくい印象を抱きがちですが、実は視界が広く良好なので、バック時も駐車時も快適そのものです。

前部席が快適だといっても、後部席が追いやられているわけではなく、インプレッサに共通する居住性が味わえます。

荷室にも余裕がある位なので、外観のサイズ感に覚える大きいというネガティブな印象に対して、車内を見渡してからの印象は大幅に変わるでしょう。

インプレッサはリアの印象が普通だったり、燃費性能が少し弱いといった短所を併せ持っていますが、トータルでは人気で評価されている車です。

その理由の1つが外観と車内の差で、乗ってみなければ分からない魅力がポイントとなっています。

後部席に座っても、隣の人と幅を詰める必要はありませんし、身長の高さは足元の余裕と頭上の空間が解決してくれます。

試乗を行えば納得できたり良さに気が付けますから、サイズ感だけで決め付けるよりも、乗って確かめたり評価するのが理想的です。

スポンサードリンク

インプレッサと同クラス他車をサイズ比較

スバルインプレッサは、スポーツ(5ドア)とG4(4ドアセダン)の2タイプのボディが用意されており、様々なニーズに応えられるようになっています。

1992年にデビューした初代は、コンパクトな5ナンバーサイズ枠の中にピッタリと収まるパッケージングで人気を博しましが、フルモデルチェンジが行われるごとにサイズアップを繰り返しており、現行型の5代目では世界戦略モデルであることもあって、Cセグメントの標準的な外寸となりました。

コンパクトで小回りの良さを求める人にはやや大きめであるものの、安全性の観点やデザインの力強さなどでは国産の同じクラスの乗用車の中で上位に位置しているため、堅調な人気を博しています。

同クラスのライバル車は、トヨタカローラスポーツ、マツダアクセラスポーツ、ホンダシビックなどとなります。

これらの車種も20世紀までは5ナンバー車として人気を集めていたものです。(アクセラは当時「ファミリア」として販売)

現在ではそれらもすべてグローバルカーとして世界中でともに販売台数を競い合う基幹車種ですので、サイズ比較をするのも適していると言えます。

この4車はいずれも横幅が1,700mmを超えており、日本国内の基準では普通乗用車の3ナンバーとなります。

その中でもインプレッサは最もスマートで1,775mm、カローラスポーツが1,790mm、マツダアクセラスポーツが1,795mm、ホンダシビックが1,800mmとなっています。

日本の道路事情では1,800mmを超えると細い路地での走行が大変で、取り回しや駐車場への入庫が難しくなる傾向にありますので、インプレッサのサイズ感はその他の3車と比較するとまだ日本国内での運転にも適しているサイズと言えるでしょう。

インプレッサの全長比較の特徴

全長に関してはいずれの車種も4,500mm前後をキープしていますが、アクセラセダンは4,500mmを超えており、インプレッサは5ドアのスポーツで4,460mm、4ドアセダンのG4で4,625mmとなっています。

ただしこれは日本の小型車の枠の中に収まる数値(4,700mm以内)となっていますので、全長における大型化の問題点は考えなくても良いでしょう。

ライバル車と比較すると、比較的スマートで長めの全長と余裕のあるホイールベース(2,670mm)がインプレッサの特徴となります。

スタイリッシュで高い安全性、水平対向エンジンの独特サウンドなどが気に入れば買いと言えそうです。

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スポンサードリンク