下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!


スバル・インプレッサでは、どのくらいの税金がかかるでしょうか?

今、話題のエコカー減税や自動車税、さらには、維持費などについてのスバル・インプレッサのお金事情を徹底的にご紹介します。

スポンサードリンク

インプレッサにはエコカー減税が適用できます


インプレッサのエコカー減税を適用することが可能になっていきます。

燃費の良い車種に適用されるエコカー減税は、自動車取得税だけではなく、毎年のように掛かっていく自動車重量税に対しても減税が適用可能です。

自動車を購入していく際には、維持費用も検討していくのが普通でしょう。

インプレッサであれば、毎年の運営コストも少なく済み、低コストでの運用を行なっていくことが出来るようになります。

手頃な価格で購入出来る自家用車が欲しい方には、減税も含め低予算で購入出来るインプレッサはおすすめです。

スタイリッシュなフォルムと快適な居住空間を兼ね備えた車種として、ファミリー層での利用からビジネスユースに至るまで幅広く使われています。

今回のバージョンアップでは、従来の足回りの良さに加え、安全面の機能向上も実感できるはずです。

ドライバーの状態に応じて作動する自走ブレーキシステムが採用され、走行中にドライバーに異常が発生した場合でも、自動的にブレーキを掛けていくようになっています。

運転中にドライバーの気分が悪くなった場合でも、自走ブレーキシステムが車線変更等が生じていくことを防ぐことが可能です。

仕事で乗車しているような場合には、常に安全な走行を実現することが大切になっていきます。

疲れやストレスによる体調の異変により、自分でも気が付かないうちに車線を越してしまうような事態を招くことも防ぐ事が可能です。

自動ブレーキシステムは、走行中だけでは無く、後退時にも採用されています。

主婦の方でも車庫入れ時に安心してバックが出来るように提供されている後退時自動ブレーキシステムは、日常での乗車に不安を感じさせなくしてくれるものです。

自動的なブレーキ制御だけでは無く、夜間での走行を安全にしてくれるアイサイトも採用されている点もインプレッサが多くの方に支持をされている理由です。

夜間走行時でも、歩行者は勿論のこと、白線に至るまで明確に認識していくことを可能です。

エコカー減税を含め、ディーラーによる大幅な割引を受けることも可能なインプレッサは、多くの方に支持をされています。

快適なフォルムと居住性、安全面を考慮した車種があれば、仕事でもアウトドアでも走りが楽しくなっていくのは間違いありません。

スバル独自の水平対向エンジンは、山道のような悪路でも快適な走りを実現していきます。

スタイリッシュなフォルムで街中から山道まで快適な走りが実現します。

 

スポンサードリンク

インプレッサの購入後にかかる自動車税や重量税などの税金はいくらになるか

日本では自動車を所有し続けている限り、毎年度必ず自動車税を納めなければならないほか、車検を受ける際には自動車重量税を納めなければなりません。

これらの税金の納付額は所有している自動車のスペックによって大きく変わりますが、2016(平成28)年に5代目のモデルの販売を開始したSUBARUのインプレッサの場合はいくらになるのでしょうか。

SUBARUのインプレッサの所有時にかかる自動車税は、設定されている総排気量が1.6リットルと2.0リットルの2種類であることから、すべての排気量およびグレードで税額は39,500円となります。

ここで気になるのはエコカー減税の適用の有無ですが、現在発売されているインプレッサの5代目モデルはクリアしている環境基準はあるものの、現行のエコカー減税制度では減免の対象にはなりません。

したがって、自動車税は購入後最初の納付時から税額は変わらず、39,500円です。

一方、自動車重量税はインプレッサの車両重量が1,300~1,400kgであることから、1年につき7,500円となります。

新車で手に入れる場合、購入時には3年分の22,500円を納付し、その後は2年分として15,000円を納めていきます。

ただし、新車登録をしてから13年が経過すると税額が1年につき17,100円と大幅に増え、18年が経過するとさらに増えて18,900円になってしまいます。

もし、この車種に対してこだわりがないのであれば、税額が大きくアップする前に別の車両に買い換えるようにしましょう。

また、税金に準ずる費用としてよく挙げられるのが自賠責保険料です。

これは車種やスペックなどには無関係で、金融庁の審議会での答申を経て金額が決まる仕組みになっています。

新車を手に入れる場合の加入期間は、購入時は37ヶ月に、初回の継続検査以降は24ヶ月としておくのが一般的です。

このケースでの保険料は37ヶ月で36,780円、24ヶ月で25,830円になります。

車検を受けるためには事前に自賠責保険に加入しておかなければならないので、引受先の損害保険会社に相談して保険料の支払いなどの手続きを終わらせておきましょう。

なお、ここまで述べたSUBARUのインプレッサを所有する場合にかかる税金は2018(平成30)年度におけるものです。

今後、自動車税や自動車重量税の仕組みがかわれば税額も変更される可能性があるので、新聞やテレビなどのニュースはこまめにチェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク

インプレッサの維持に掛かる費用はどの程度か

インプレッサの購入を考える方にもどの程度の費用が掛かるかイメージが出来ない方も多いでしょう。

スバルが誇る水平対向エンジンによる抜群の足回りで、街中でも山道でも快適に走る事ができるインプレッサは、多くの方が愛用する車種として昔から高い人気を誇ります。

インプレッサを購入し維持していくには、税金や保険のように定期的に掛かっていく費用と、駐車場やガソリン代、車両のメンテナンス費用のような維持費があります。

税金の面は削減していくのは難しいものですから、自分で工夫することで削減することが可能になる保険の費用を見直していくのが良いでしょう。

最近は車の保険の見積もりを行う際にも、一括で多くの保険会社に見積を行う事ができる一括見積もりサイトも多く、仕事等で時間の取れない方も、都合の良い時間で適切な保険会社を選んでいくことを可能にしています。

一括での見積もりを行う際に必要な書類は、車検証や運転免許等の簡潔な書類でよく、短い時間で多くの保険会社に見積の依頼を行なっていくことを可能にしていきます。

日々の走りに必要になるガソリン代は、走行状況によっても違いますが、インプレッサの場合は低燃費でも知られ、工夫次第で少ないガソリン代で満足いく走りを行うことが可能な車種でもあります。

保険や税金、ガソリン代以外に掛かっていく経費には、車両のメンテナンスに掛かる経費が挙げられます。

車両の状態を良好に保っていくためには、日々の点検も大切になるものです。

低いコストで抑えることが難しいメンテナンスの経費ではありますが、自分で交換出来るようなパーツの場合は自分で修理や交換を検討するのも良いでしょう。

インターネット上には、多くのパーツショップも営業しています。

自分の目的と予算に応じた製品を選んでいき、休日等を利用して交換していくのも良いでしょう。

ポルシェにも搭載されているボクサーエンジンが採用された抜群の足回りで人気のインプレッサは、仕事でもプライベートでも快適な走りを実現してくれるものです。

維持やメンテナンスの経費を低く抑えていき、効率的な走りを実現していきましょう。

購入にあたっては正規ディーラーからになる場合が殆どでしょう。

車両の維持費用の面は勿論のこと、値引きも含め気に入ったディーラーへ相談をしていくように心がけましょう。

安全性と居住性を兼ね備えた抜群の走りで人気の車種ではありますが、交渉次第では高額の値引きも可能です。

最後までご覧いただきありがとうございます。
あなたの欲しい車の購入資金を手に入れるため、リスクなくスタートできる方法に興味がありませんか?

⇒こちらをクリック

インプレッサが値引き金額から、更に70万円安くなる方法

  • 「ほしい車は高いっ!」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか」
  • 「値引き交渉がうまくできるかなぁ」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変!」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能のみ。

費用についてなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「安いこっちでいいじゃない」
というだけで相談にもならない。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取り価格は、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試したら
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもいろいろ

追加しました!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですね!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

その理由は一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!